[ArtMACHI Museum]参加者 こどくとあこがれさん

【こどくとあこがれ 両日参加




とある港町に住むおじいさんが主人公の
イラストや絵本、グッズを作っています。

作品内容: イラスト・絵本など
HP:https://kodokuto.wixsite.com/akogare
Twitter:@maiko_hanacyo
Instagram:@maikoiwase
------------------------------------------------------------------

 

作品の主人公「アルノーじぃさん」について、少しご紹介していただけますか?

 

アルノーじいさんは、とある港街に住む老人です。
愛犬にパタプーフ(ビーグルの老犬)、猫のレミ(白猫)と一緒に暮らしています。
古本屋を営んでいますが、営業時間は気まぐれで、日中は店前でポーカーしてたり、
自由に暮らしています。

 


アルノーじぃさんとの出会いを聞かせてください。

 

アルノーじいさんの風貌のモデルになったのは、専門学校生時代に観ていた
テニスの全仏オープンのTV中継でチラッと映った老紳士です。
(当時の記憶では)丸メガネに蝶ネクタイをして、テニス雑誌を広げて読んでいて、
「全仏のこの時期をすごく楽しみにしてるんだろうな」と考え始めたら、
この人はどんな暮らしなのかな?どんな家に住んでるのかな?と勝手に想像を広がっていき、
それを学校の自由課題で描き始めたのが始まりです。


それからだいぶ経ち、アルノーじいさんにストーリーをつけて絵本を描くようになりましたが、
始めの頃、車いすか寝たきりが続いていた私の祖父が旅好きだったことから、
「色んな場所を旅する」ことをテーマに1作目として描き始めました。
絵本が完成しないまま2011年に祖父は亡くなりましたが、今もアルノーじいさんの背中を描くとき、
犬を散歩させて歩いていた祖父の背中を思い出しながら描くことが多いです。

 


優しい色使いで、どこか懐かしさを感じる作品だと感じたのですが、
大切にしている世界観や、こだわりなどはありますか?


モノクロ・カラー含めて、「実際におじいさんがそこに住んでいそう」なリアリティのある世界観と
シンプルに「暖かみ」ということは大事にしていて、
どんな切ないシチュエーションでも、柔らかく暖かみを感じてもらえたらいいなと思いながら描いています。

 


今回ArtMACHI Museumには初めての参加となりますが、どんな作品が並ぶ予定ですか?

アルノーじいさんとペット達のお話、アルノーじいさんと友情のお話、など読む絵本や
ポストカード、小さめの原画を並べる予定です。
また、布しおり、ノート、マグネット、ロールメモ、シールなどグッズもあります。
もちろんグッズにもおじいちゃんが登場します。

 

 

ご来場の皆様に一言お願いいたします!

 

はじめまして。初参加になりますが、今から色んな作家さんの作品を見れる!とワクワクどきどきがとまりません。
参加中も私はきっとソワソワしていると思いますが、アルノーじいさんはにっこり微笑んでると思います。
宜しければ是非おじいさん達に会いに来てみてくださいね。

[ArtMACHI Museum]参加者 手製本ノート、紙こもの すずめやさん

【手製本ノート、紙こもの すずめや】両日参加
 



一枚の紙を折るところから、すべて手作業でノートを作っています。

作品内容: 手製本のノート
HP:http://suzumeya.net
Twitter:@suzumeyakyoto
instagram:@suzumeya_kyoto
Facebook:手製本ノート、紙こもの すずめや
------------------------------------------------------------------

手製本でノートを作り始めたきっかけを教えてください。
また、屋号に「すずめ」を選ばれた理由もあれば是非教えてください。


文学少女だったので、初めは豆本の製作から手製本の世界に入りました。
いざこれで食っていくぞ、と決めた時に、白い紙を綴じたノートなら、わたしが作ってしまいではなく、
お客様が作っていく本になるというのんでノートに決めました。
当人にしかわからないような物語の一片をとっておくための本です。
これから物語の始まる本しか扱わない本屋さんのつもりでもあります。
すずめは、「ちいさくて、いつもそばにいて、さえずっている」というコンセプトからとりました。
ひとのそばにいながら、ひとに生活を依存していないミステリアスなところもいいなと。


手製本ノートとはどのような工程でどのくらいの時間をかけて作られているのでしょうか?

紙を折ります。
束ねます。
背中にギザギザを入れてボンドで固めまして、補強の布地としおり紐をつけます。
小口をカッターで綺麗に化粧裁ちします。
厚紙を切り出します。
表紙に貼る紙を切り出します。
厚紙と表紙をのりでくるんで、ひごをかませて本文と接着します。
見返しと表紙にのりを引いて、ふた晩プレスにかけます。
だいたい3〜4日ほどの工程です。


手製本ノートの魅力やこだわっている事を教えてください。

製本はクオリティを上げていくと工業製品とあまり変わりがなくなってしまうのですが、
お客様の指先が一番触れる小口の部分はカッターで切り落としています。
表面がなめらかになって指を切りづらくなりますことと、
その一番触れる部分にてしごとを残したいという気持ちでそれを続けています。
手製本ノートの魅力は、やはり「とっておきたくなること」かと。
捨てちゃいそうな落書きも、とっておいていつか見返した時にその当時の物語がぶわっと思い起こされるような経験を、
わたしとあなたで作ることができるのが嬉しいです。
なのですずめやのノートは、やぶっちゃうと壊れちゃうように作っています。


今回初めての参加となりますが、どのようなノートが並ぶ予定でょうか?

ART、というのが冠してあるイベントですので、
一枚ずつ絵の具をにじませた絵画的なノート、「にじみ」のシリーズをたくさんご用意したく思っております。
ニュアンスカラーと、1冊ずつにタイトルが付いているのが好評なノートです。
もちろん定番のすずめはんこを捺してあるのもご用意いたします。


ご来場の皆様へメッセージをお願いいたします!

ながながと読んでくだすってありがとうございます。
京都の小さな路地から参ります。
大阪のこういったイベント参加は久しぶりです。
どうぞよしなによろしくお願い申し上げます。
お気軽にいろいろ触っていってくださいまし。
手製本はほんとうにほんとうに仲間の少ない希少種ですので、
もしも手製本をされている方がおられましたらお友達になりたいです。
製本に興味のある方もおられましたらぜひぜひご来場くださいませ。
なんでもかんでも教えます。

[ArtMACHI Museum]参加者 旅する蒐集家さん

【旅する蒐集家】両日参加

 

 

西本百合と雨花のユニット「旅する蒐集家」は
旅をしながら辿り着いたさまざまな場所で見つけてきた
素敵なもの不思議なものを集めては美しく仕立てている…
そんな物語をコンセプトに創作活動をしております。

 

作品内容:鉛筆画・樹脂作品・ハーバリウムなど
 

 

西本百合




HP:http://yurinishimoto.wix.com/kuusouteien
Twitter:@yuri‐nishimoto
instagram:@yuri‐nishimoto
 

 


雨花


 

HP:https://uka.shopinfo.jp
Twitter:@uka_shimako
instagram:@uka_shimako
------------------------------------------------------------------
 

西本さんの描く空想の世界は、どのようにしてうまれてくるのでしょうか?

山の中にある工場や採石場 河川にある土木建築など
自然と人工物が混ざり合った風景が子どもの頃から とても好きでした
大人になってもそれは変わらず 高架下の骨組みを観察したり
電線のシルエットを追ってみたり…ずっと私の中で蓄積されたモチーフを元に空想の世界を描いています

 

 

細部まで細かく描かれていますが、1枚の絵を書き終えるのにどのくらいの時間がかかるのでしょうか?

 

早くて20分 長くても1時間半くらいで描き上げます 皆さんとても長い時間を掛けてると想像されるらしく…
意外と時間は掛かってなくて本当に申し訳ないのですが (笑)
下書きなし 紙に対峙した時に見える風景を必死で掴まえる感じなので 筆運びは早いと思います


 

今後作ってみたい、挑戦してみたいと思っているものはありますか?

誰でも気軽に購入し 飾って長く楽しめる作品を目指しています
作品以外にミニ原画を積極的に描いてきましたが
ミニサイズであっても額装された原画は意外と場所を選ぶようで「飾る場所がない」と敬遠される方が多いように感じました
飾りやすく お手入れしやすい かつ収集したくなる作品
自分が本当に欲しいと思える作品で、前々から作りたかった瓶詰め原画を制作したところ
とても好評頂き 沢山の方に喜んで頂きました
今後はもっと色んな技術を学んで

より深い世界観を演出できるような瓶詰め作品を作っていきたいです


雨花作家として活動していくきっかけは何だったのでしょう

 

子供の頃からスノードームやお店のショーウィンドウ、
博物館の展示、水槽、捨てられた小瓶の中など
「透明なものに世界が閉じ込められているもの」に惹かれて、
中を覗くたびにその世界をどこまでも時間を忘れて旅をしてしまうのでした。

自分の好きな世界も透明なものに閉じ込めてしまいたい…
それが大きなきっかけになっているのかな…と思います。

 


作品を制作するにあたって、大切にしているこだわりや世界観があれば教えてください。

 

耐久性は勿論、体に沿ったフォルムや大きさ、重さ、質感など
手に取ってくださった方にできるだけ長くご愛用いただける
心地よさを第一に大切にしています。
そして持ち主の方がご自身のエッセンスを加える事で完成する
その方のための唯一の作品になるよう心掛けています。

 

 

様々な作品を制作されていますが、アイディアはどんな時に湧いてくるのでしょうか?

 

「何か材料になりそうなものはないかな〜」と色んなお店や蚤の市などを
あてもなくウロウロして「あ、これ好き〜◯◯に使えそう〜」と買い集めたお宝の山を
ホクホクしながら眺めている時に湧いてくる…ような気がします

 

 

「旅する蒐集家」についてコラボ作品のテーマやコンセプトがあれば教えてください。

旅する蒐集家の今回のテーマは【宮廷植物園】です



ご来場の皆様に一言お願いします☆

彩り鮮やかな異国の植物を集めた美しい宮廷の植物園をイメージした作品が並びます
選ぶ楽しさのある作品を揃えて皆さまをお待ちしております!

[ArtMACHI Museum]参加者紹介 11月の森さん

【11月の森】6日(土)のみ参加

 

 

11月の森でお気に入りの種を見つけていただけたらうれしいです。


作品内容:アクセサリー
作家HP:http://kuma.pecori.jp
Twitter:@11gatsunomori_

------------------------------------------------------------------


今回初めてのご参加となりますが、11月の森さんの世界のコンセプトやテーマを教えていただけますか?

特にはありませんが、ここ数年は
植物をモチーフにしたものが多くなっています。
ただそこにこだわることはなく、新しいものはいつも
その時作りたいものを気ままに作っています。

 


とても夢の詰まったミニチュアの世界のような作品ですが、簡単にどのようにして作られているのでしょうか?

 

ありがとうございます。
全てが細かいわけではないのですが、そういった細かいものは、
元々好きなせいか、作っているうちに楽しくなって
気がついたら細かくなっていました。
ただ、リアルを求めたらキリがないのと、本当にミニチュアになってしまうので
これ以上は細かくならないようには気をつけています。

 

 

作品を創る上でのこだわりを教えてください。

 

アクセサリーは、その時できる限りの仕上げのきれいさを心がけています。
あとは自分で考えて自分で手を動かしてできるものを楽しく作ることです。
作りたくて作ってはみたものの、これは今自分じゃなくてもいいなと思うものは
なるべくそれ以上は進まないようにもしています。

 


今回ArtMACHI Museumでは、どんな作品が並ぶ予定ですか?

11月の森を知っていただけるように、
色んな方に楽しんでいただけるように、
幅広い種類のものを持って行けたらと思っています。
ものとしてはイヤリングとピアスが中心で、
ネックレスやブローチ、ブレスレットなどもご用意する予定です。



会場に来られる皆様にメッセージをお願いいたします。


ぜひこの機会に実物をじっくりご覧いただけたらうれしいです。
11月の森に一歩足を踏み入れてみてください。
土曜日だけの出展ですが、どうぞよろしくお願いします。

[ArtMACHI Museum]参加者紹介 陶刻家 由上恒美さん

【陶刻家 由上恒美】両日参加




陶を削って制作する作家です。彫刻の要素が好きです。
感覚でウツワもつくります。育てるウツワと呼んでいます。
ひとつひとつ違った作品をつくっています。
立体作品の空シリーズでは、絶滅危惧種の制作をライフワークのひとつにしています。
空をみること、空の思想を大切に過ごしています。
自然と溶け合う作品を制作できたら、嬉しいです。
暮らしのなかに、寄り添う作品を制作していきたいです。


作品内容:陶器、陶オブジェ
作家HP:https://sueclay.jimdo.com
Twitter:@Sueclaykiln
instagram:@tsunemiyukami

------------------------------------------------------------------


陶で作品を作り始めたきっかけや、陶の魅力を教えてください。

会社員として、働いていましたが、子供の頃に益子で陶芸に興味を持ち
茶道をしていたことから、陶芸への思いが募り
2度目の大学、通信ですが大学にて、陶芸を専攻する事を決心しました。
大学に入って学ぶうちに、彫刻に出会い、元来の陶芸よりも
削ることの彫刻の要素が自分に合っている事に気づきました。


在学中は、削る事は元来の陶芸ではタブーな部分があり卒業してからの陶芸の森でのアーティストレジデンスで
陶を削って制作する事が、やっぱり愉しいと再確認しました。
その後、弟子入りもしましたが、削る事を封印され、ドロップアウト
その後、独自の陶を削って制作する方向に、今に至ります。
土には、柔軟な部分があり、器は使ううちに自分の色に育っていくと思います。
彫刻作品では、想像を巡らせて頂けたらと思い、制作しています。

 


作品を制作する際に、こだわっている事や大切にしていることはありますか?

 

自然や日々の暮らしに感謝すること。感覚で制作する事を大切にしています。
シンプルに自然に制作する姿勢でいたいと思います。

 

 

最初に作品を見た際に、空模様の動物達がとても印象的でした。

 

空シリーズでは絶滅危惧種を制作されているとのことですが、そこにはどんな想いが込められているのでしょうか?
動物が大好きなので、子供の頃に雲が動物に見える!って嬉しかった
事が、皆さんもおありだと思います。私はそれをずっと持っていて
そこから、空が動物やカタチになったら素敵だなと思い、彫刻作品を制作し始めました。
絶滅危惧種の制作は、知らないといけない事、それは自分たちのいる地球で起こっている
事を知る忘れない、自分への戒め、メッセージも込めて、制作しています。

 


今回初めての参加となりますが、どのような作品が並ぶ予定ですか?

器作品(育てるウツワと呼んでいたりします) と
彫刻作品(空シリーズの動物、雲のオブジェであり花器にもなります)
雲の指輪など、せっかくなので個展のように色々観て頂こうと思っています!


会場に来られる皆様にメッセージをお願いします。

私の作品は、器は手に取って頂くと伝わる事があったり
彫刻は解りにくいところもあるかと思いますがいろいろ聞いて頂けたら、楽しいかなと思います。
人見知りではありますが、ぜひお声かけ下さい!

[ArtMACHI Museum]参加者紹介 新井尋詞さん

【新井尋詞】※今回、体調不良のため参加できなくなりました

 


毎日の生活の中で使うたびに新たな魅力を発見できるような、懐の深い作品を作りたいと考えています。


作品内容:粉引の白い器や小物、絵付けの器や小物
作家HP:https://www.hiroshiarai.com
instagram:@tokona_10

------------------------------------------------------------------


物語がたくさん詰まった新井さんの作品ですが、コンセプトやテーマを教えてください。

 

毎日使うほどに新たな良さを感じられるもの作りをめざしています。
「ジワジワくる」が大きなコンセプトです。そのために色や質感にはとても注意を払っています。

使いやすさという基本も忘れないようにしています。

 

また、現在は階段をモチーフにした装飾が多くなっています。階段はいろいろな物語の舞台になります。

その時々の心境によって、人それぞれの空想を膨らませられるように、説明的になりすぎないように気をつけています。

以前、私の作品について「ビターメルヘン」と評してくださったお客様がいらっしゃいましたが、そのとおりだと思っています。



以前、プロフィールを拝見した時に、突如陶芸を始められた印象でした。
陶芸を始めたきかっけはどういったことだったんでしょうか?

 

幼い頃は絵を描いてばかりいる子供でした。

二十歳前後の頃に常滑出身の哲学者、谷川徹三(詩人、谷川俊太郎のお父さんです)の講演をききました。

そこで「常滑焼は世界に誇れる文化である」ということを聞き、改めて地元の伝統文化、常滑焼を観るようになりました。

観て使っているうちに、自分でも作ってみたいと思うようになりました。


私のもの作りの原点は幼い頃のお絵かきです。

ですから、今作っている物は絵画的、あるいはイラスト的な雰囲気が強いかもしれません。

 

 

新井さんの動物達はとてもシンプルに見えてますが、背景の物語を教えてください。

 

どの人形も風に吹かれて微笑みながらただ立っているだけです。腕も省略しています。

微笑みも控えめなアルカイックスマイルにしています。
本当にただ立っているだけです。

そのことで、生きること、存在することそのものを肯定できたら良いな、と考えています。

もしかしたら、禅やこのところ流行っているマインドフルネスなどの考えにも通じるのかもしれません。

 

また、人形の台座にはサインとして、“ara i aqui”と記しました。これはカタロニア語で“now and here”の意味だそうです。意味が人形のテーマに合っていて、そこに私の名前(ara i)が潜んでいるので面白いと思い、そう記しています。

少し話が脱線しますが、Toti Soler(トティ・ソレール)というカタロニアのギタリストが好きで良く聴いています。

とても穏やかで間を大切にしたギターです。聴きながら人形を作ったりもします。

それもあってカタロニア語のサインを入れられるのはとても嬉しいです。

 


今回、どのような作品が並ぶ予定でしょうか?

これまでのコンセプトをさらに進化させた物を考えています。

これまでは白単色でしたが、色を加えて新たな表現をしたいと思います。

カップ、ポット、プレートなどの食器や、蓋物、人形、ブローチを用意する予定です。


来場される方へメッセージをお願いいたします。


毎日の生活に彩りや深みを感じていただけるアイテムをご用意いたします。

ぜひご覧ください。

また、お客様と直接お話することはとても大切だと思っています。

なんなりとお気軽にお声掛けください。

お会いできることを楽しみにしています。

[ArtMACHI Museum]参加者 moclen.さん

【moclen.】両日参加



moclen.(モクレン)は、紙を使ったものづくりをしているブランドです。

”Play and Enjoy Paper!”をテーマに、紙で何ができるかを日々探しながら、

紙の少し違った一面をみせたいと思い活動しています。


作品内容:紙のアクセサリーやブローチ
HP:http://moclen.jp
Twitter:@moclen_info
instgram:@moclen_info

Facebook:moclen.jp
------------------------------------------------------------------
紙を使ってものづくりを始めたきっかけを教えてください。

 

最初の勤め先を退職したあと、 1年間グラフィックデザインを勉強するために専門学校に通ったのですが、

授業の課題で制作したカレンダーがそもそものきっかけでした。

その時に使用した紙の色や質感が気に入り、既存のクラフトや手法にとらわれず、なにか作ってみたいと思ったところから活動がスタートしました。

 


moclen.さんの思う紙の魅力とは何ですか?

紙って身近でよく触れる機会が多い素材だけど、その可能性はまだまだ秘められているところ。

 


作品を生み出す際のアイディアはどんな時に思いつくのでしょうか?
 

「新作を作るぞ!」と意気込んで机に向かってる時に限らず、日常会話の途中のときもあれば、

別のものを作ってる途中や、電車移動や買い物の途中だったりと様々です。

 


今回ArtMACHI Museumには初めての参加となりますが、どんな作品が並ぶ予定ですか?

 

ブローチやアクセサリーを中心に、紙雑貨などを用意できたら…と考えてます。

どれもこれも紙でできているものが並びます。

 

 

ご来場の皆様に一言お願いいたします!

 

初参加で、かつ関西エリア出展はまだ初心者レベルのブランドですが、とても楽しみにしてます。

どうぞよろしくお願いいたします。

[ArtMACHI Museum]参加者 Ceramic studioさん

【Ceramic studio】両日参加

 


クスッと笑える動物モチーフの陶磁器から
銅釉の器まで、硬軟織り交ぜてお待ちしております

作品内容:陶磁器
instgram:@ceramiczoo
------------------------------------------------------------------


今回、初めてのご参加となりますが、ものづくりを始めたきっかけはなんだったのでしょうか?

子供の頃から図画工作は好きでした



作品を制作されるうえで、こだわっていることがあれば教えてください。

独自の技術
新しい技術が新しい何かを生むと思います

 


可愛らしい動物モチーフのものから、雰囲気のある作品まで幅広く制作されている印象を受けました。
それぞれの作品にテーマ等があるのでしょうか?

 

動物モチーフは子供にもわかるものや

焼き物独自の質感です

 

 

今回ArtMACHI Museumには初めてのご参加ですが、どのような作品が並ぶ予定でしょうか?
 
動物モチーフの陶磁器 ブローチからテーブルウェアまで
そして銅釉の器

 


来場される方へメッセージをお願いいたします。 

 

かわいいものから激しいものまで硬軟そろえてお待ちしております

[ArtMACHI Museum]参加者 ruffさん

【ruff】両日参加




アンティークやモード、仄暗いメルヘンな雰囲気のイラストやコラージュを制作しています。

作品内容:ポストカード等紙もの、トートバッグ、キーホルダー等
HP:https://minne.com/crowclown/profile
Twitter:@crow_pierrot
instgram:@ruff_clown
------------------------------------------------------------------
もの作りを始めたきっかけを教えてください。

小さい頃から好きだったので、きっかけというのは無いような気がします。
雑貨を作るようになったのは、学祭で友人とお店を出す事になったのが最初です。



作品を制作する上で大切にしているこだわり、または世界観を教えてください。

博物館やアンティークショップ、サーカス、ファッションショーなどの、
非日常的な空気感、脈絡の無い夢のようなイメージで制作しています。
雑貨を作る時はそれとはまた別に、素材をどう活かせるかを考えてイメージを膨らませていくこともあります。

 


作品を作るときどのようにして生まれるのですか?

はっきりとしたイメージがある時と、描きたいモチーフをとりあえず描いて、そこから広げていく時があります。

 

 


小さな作品から平面の作品に広がっていっていますが、よりruffさんの世界が濃くなったように感じます。
ご自身の中で何か変化はありますか?


もともと平面が好きなので何か変化があった訳では無いです、小さい作品もまた何か思いついたら制作したいです。

 

 

今後、挑戦してみたい分野やモノ創りなどもし、漠然とありましたら教えてください。

 

金属や革など普段使っていない、味わいのある素材を使ってみたいです。

 


ArtMACHI Museumではどのような作品が並ぶ予定ですか?

キーホルダーやポーチなどと、ポストカードやレターセットなどの紙もの
絵も展示したいと思っています。

 


ご来場の皆様に一言お願いいたします!

 

新作も出す予定です、素敵な作品が集まるイベントですのでぜひお立ち寄りください!

[ArtMACHI Museum]参加者 スタジオナナホシさん

【スタジオ ナナホシ】両日参加



どこにあるのか誰も知らない遠くて近い夢の国
ナナホシ王国の住人たち
ほんのちょっぴりクスッとほほ笑んでもらえるような、そんなモノ作りめざしてます

内容:木製の人形やオブジェ
Twitter:@studionanahoshi
Facebook:studionanahoshi
Instagram:@studionanahoshi
  ------------------------------------------------------------------

ユニークなキャラクターが登場されますが、作品を作るうえでのコンセプトやテーマを教えてください。

ナナホシ王国は
“どこにあるのか誰も知らない遠くて近い夢の国”
です
ほんのちょっぴりクスッとほほ笑んでもらえるようなそんなモノ作りめざしてます


名前にも入っている"ナナホシ"について何か思い入れなどがあるのでしょうか?

ナナホシテントウ虫の絵を描いていて思いついた名前です


ものづくりを始めたきっかけはなんだったのでしょうか?

きっかけというか、子供の頃の「絵を描いたり、
何かものづくりをする人になりたい」という漠然とした想いが、
いろいろな成り行きで今できてるという感じです。
 

立体作品と平面作品で作るにあたって違いはありますか?

立体なので360度いろいろな角度から見て楽しんでいただけるよう意識してます


今後作ってみたいものやしていたい事はどんなことでしょう?

木だけでなく他の素材を取り入れてみたいのと、
もっと技術を向上させたいと思ってます


ご来場の皆様に一言お願いいたします!

作品を手にとってゆっくり楽しんでいただけると嬉しいです。