[ArtMACHI Museum]参加者 久野安依子さん

【久野安依子】



"母なるもの"を根源的な主題とし、心のままに絵画制作を続けています。
描くことは生かせてもらっている証。目に見えないものをもっと見たい。

作品内容: 絵画
作家HP: http://aikokunoart.blogspot.jp/
Twitter:@momoironehan 
Facebook:久野-安依子

大きな作品が多い久野さん。
迫力と、パワーそして愛に溢れる作品です。
 

[ArtMACHI Museum]参加者 fluitenさん

【fluiten】






fluitenは「驚きと心地よさの同居した紙雑貨」を提案する「ひとり製造業」のブランドです。
世界中の紙で仕立てたペンケースや、型友禅でプリントした封筒など、
グローバルとローカルを行き来しながら、紙に少しのユーモアとアイデアを添えて、
独自のアイテムを製作しています。at京都・嵐山。

作品内容: 紙雑貨(封筒やカレンダー、紙のヘアゴムなど)
作家HP: http://www.fluiten.jp
Facebook:Fluiten

海外の包装紙などを使い作られた作品は、アイデアと遊び心に溢れています。
どこか懐かしさを残しながらも新しいデザインとを融合させた作品です
 

[ArtMACHI Museum]参加者 kurogoma.さん

【Kurogoma.】


『さりげないのだけれど、何故だか気になるもの、存在感のあるもの』
そんなものがつくれたらいいなぁ。
なんておもいながらものづくりをしています。

作品内容:プラバンアクセサリー
作家HP:http://ameblo.jp/aoikurogoma
Twitter:@kurogoma46
Facebook:Kurogoma.

ポップで愛らしい柄のアクセサリーのkurogoma.さん。
ほっこりとそしてくすっとなる作品です。

 

[ArtMACHI Museum]参加者 katachi-gurumiさん

【katachi-gurumi】



絵本からとびだしてきたようなボタンをお届けします。

作品内容:オリジナルボタン ボタンのアクセサリー
作家HP:http://katachigurumi.com
Twitter:@katachigurumi
Facebook:Katachi-gurumi

まるで絵本を読み進めているかのような、
そのうち、物語りを作っていっている気分になってしまうkatachi-gurumiさんの作品。
こだわって丁寧に丁寧につくっている作品です。

 

[ArtMACHI Museum]参加者 パンと編集さん

【パンと編集】

レトロ印刷を使ったぽち袋や一筆箋、
紙片をアクリルに閉じ込めたアクセサリーを作っています。
日常のシーンで気軽に使え、渡す人と受け取る人の間に
会話が生まれるようなちょっと面白いデザインを心がけています。
★ブローチの入ったガチャガチャも数量限定でご用意します。

作品内容:レトロ印刷製の紙雑貨/紙入りアクセサリー・ブローチ/シルクスクリーン雑貨
作家HP:http://panhen.web.fc2.com
Twitter:@_ancoron

ポップなパンと編集さんのデザインにレトロ印刷が混ざりこみ完成しているパンと編集さんの作品達。
どれも1つ1つ見ていて楽しい作品ばかりです。
細部までご覧下さい☆
 

[ArtMACHI Museum]参加者 meさん

【me】



手描きの絵をモチーフにした一点物のアクセサリーを制作。
「静かなる主張」をテーマに独自のデザインを心掛けています。
手に取った方の想像力を刺激するような、少し個性的なスタイルを提案します。

作品内容:アートアクセサリー
作家HP:http://onakayuka.jimdo.com
Twitter:@onakayuka
Facebook:onakayuka

パワフルに活動を拡大中のmeさん。
meさんがそのまま作品になったような、力強くエネルギー溢れる作品です。
1つ1つ想いを込めた作品をぜひご覧下さい。