[ArtMACHI Museum]参加者 kaori-artさん

【kaori-art】両日参加



主にアクリル、水彩でイラストを制作しています。
アクセサリーはすべてイラストでデザインしています。

作品内容:イラスト原画数点展示、イラストでデザインしたレジンを使ったアクセサリーの販売
HP:http://ameblo.jp/kobatonokotoba
Twitter:@artist_kaori

instagram:@kaoriart.world
------------------------------------------------------------------

kaori-artさんのコンセプトや制作のテーマなどを教えていただけますか?

 

アクセサリーは自身のイラストでデザインしているので、誰にもマネできないオリジナルにこだわっています。
kaori-artのイラストを身に着けていただくというのもテーマです。

 

 

作品を創る上で大切にしていることやこだわっている事はどんなことでしょうか?

 

自分自身が描いていて楽しい気持ちで制作できているかを大切にしています。
人の目に触れてほしい、手に取ってほしい作品は自信がないと人前に堂々と出せないので。

 

 

いつもどのような所で活動をされているのでしょうか?

 

イラストは主にギャラリーの展示会で、
アクセサリーは百貨店やハンズの催事で販売していることが多いです。

 

 

今回、どのような作品が並ぶ予定でしょうか?

 

デスクスペースでの販売なのでr、アクセサリーメインで、人気の動物モチーフや新作もたくさん用意します。

 

 

来場される方へメッセージをお願いいたします。

 

数年ぶりの参加なのでArtMachiイベントとても楽しみです。
新作を用意しておりますので、是非遊びにいらしてください☆

[ArtMACHI Museum]参加者 JewelryStudioShimaさん

【JewelryStudioShima】両日参加



「JewelryStudio Shima」が提案するジュエリー/アクセサリーは、主にデジタルクラフト・3Dプリンターによって造形させた製品を使用したオリジナル作品です。
様々な形の造形品を、1つ1つ手作業により染色したアクセサリーを制作・販売いたしております。
「日常生活の中で、気軽に身に着けられる・楽しんで身に着けることができるジュエリー/アクセサリー」
これが、JewelryStudioShimaが目指すデザインです。
特にナイロンプラスティック製のアクセサリーは非常に軽く、皆様に良いご評価を頂いております。

作品内容: 3Dプリントによるアクセサリー
HP:http://jewelryshima.com
Twitter:@jewelryshima
Facebook:jewelry studio shima (by nami funakoshi)
instagram:@jewelrystudioshima_by_nami
------------------------------------------------------------------
 

ユニークな形のアクセサリーを作られていますが、どのようなことをテーマにつくられていますか?

テーマは2つあります。
1つは
「今までにない、新しい感覚のアクセサリー・ジュエリーを提案していくこと」。
そして同時に、
「シンプルな普段着の服やお手持ちのおしゃれ着に合わせて、コーディネートを楽しめるようなデザインを追求すること」
です。

ユニークなものは人目を惹きやすいですが、身に着ける「人」があくまで主役。
使いやすく、自身を惹き立てて、なおかつ楽しい気分を味わえるものを作る・・・
これが、制作するうえで常に心に留めているテーマです。


3Dプリントで作られているとのことですが、まだまだ馴染みが無い方が多いと思います。
どのようにして作られ、どのような特性があるのか教えていただけますか


3Dプリンターを使用して作る3Dプリントですが、ざっくり説明すると、
コンピュータ上でつくった原型の設計図をもとに、立体物を造形すること、あるいは造形したものが3Dプリントです。
このコンピュータ上でCADを使って描かれる設計図をデータと呼びますが、私はこのデータを一からオリジナルで作ります。
できたデータを、3Dプリンターで造形することにより、常に同じ立体物が、欲しい個数だけ作られることができます。
造形される材質も、貴金属・樹脂・プラスティック・陶器など、様々です。

一見、大量生産のようにも聞こえますし、事実そういう面がありますが、
実はこのデータをオリジナルで作成するのに非常に労力がかかります。
設計の仕方に完全なマニュアルは存在しません。みんな試行錯誤して技能を身につけます。
その代わりといってはなんですが、できあがる形は完全にオリジナルで、マネのできない、
時には新しいものを生み出す可能性を秘めています。
これが、クリエイターを引き付ける大きな魅力だと思います。


1つの作品を作るのにどれぐらいの時間がかかるのですか?

パーツ(形)の3Dのデータを作るのには、とても時間がかかっています。

ソフトウェアを使っての、立体のデータ設計は1日もあれば十分なのですが、
デザインを一からオリジナルで考えますので、
気に入らなければ何時間かけた作品でも、造形(3Dプリント機械)に出さずに何年も寝かせておく場合もあります。

3Dプリントの造形を頼んで、できあがってきても、気に入らなければ何度もデータ(設計)を作り直します。
かと思えば、数時間で何気なく作ったものもあります。

最終的に造形された立体を、手作業で染色しますが、これは気の抜けない一瞬の短時間勝負です。

 

 

3Dプリントとの出会いや、3Dプリントでアクセサリー作りを始めたきっかけを教えてください

 

もともとはNYでジュエリー学科を卒業後、そのまま工房に就職し、

ダイヤモンドをジュエリーにセットする職人として働いていました。
当時から、ジュエリー業界ではCADソフトを利用してジュエリー原型を3Dプリントで製作する動きが進んできていましたので、
貴金属ジュエリーの原型を作るCADを学びはじめました。
その後、高額になりがちな貴金属ジュエリーだけではなく、

3Dプリントでは様々な素材がアクセサリーとして使用できることを知り
より気軽にお買い求めいただけるポリアミド素材の3Dプリントアクセサリーを作ることに夢中になりました。

 

 

新作の情報や、今後3Dプリントで挑戦中または挑戦してみたいもの等はありますか?

 

3Dプリントのアクセサリーを製作するようになって2年ほどになりますが、

「とても軽い素材なのが良い」というお声をたくさん頂いております。
ので、この特性を生かしたブローチやピアスの種類を増やしております。

また、ピアスだけでなくイヤリングも準備する予定です。

また、今後は少しずつではありますが、専門の貴金属を使ったジュエリーなども作っていけたらなと思っています。

 

 

AMM2019への意気込みや、ご来場のお客様にメッセージをお願いします!

 

毎年、とてもステキな作家さんの作品がたくさん拝見できる楽しみなイベントです。
特に大阪では、ArtMachiさんのAMM2019が2019年最初のJewelryStudioSHimaの出展イベントになる予定です。
毎年、他のすばらしい作家の方々が出展され、目の肥えたセンスの良いお客様ばかり来場される、すばらしい空間です。
皆様とのステキな出会いを楽しみに、制作をがんばります!よろしくお願いします。

 

[ArtMACHI Museum]参加者 Songbreezeさん

【Songbreeze】両日参加




私は、ボタンやビーズを買う時、一つ一つにストーリーを感じながら選びます。
貝ボタンは海から、また外国から来たものや、
古い時代を経て私の元にやって来たパーツはそれぞれがストーリーを持っていると思います。
そうして集めたお気に入りのパーツで、絵を描く様に作品を作りあげます。
実際に着けてみて綺麗に見えて、楽しくなるような作品作りを目指しております。

内容
・ヴィンテージボタン、ビーズなどを使用したアクセサリー。
(ブローチ、リング、ピアス、イヤリング等)。
・手描きのモチーフを使ったブローチ、ピアス、イヤリング等。
・原画
作家HP: http://songbreeze.petit.cc
Twitter: @flyingace0201
Instagram: flyingace0201 artforlife628
------------------------------------------------------------------------


作品作りをされるようになったきっかけを教えてください。

小さい時から何かを作るという事をしてきましたが、この様に誰かに買っていただく様な作り方をする様になったのは、
友達がプレゼントしてくれた素敵なボタンを、すごくシンプルな指輪にして着けて、
それをお店の人に声をかけていただき、今の様ないろいろな作品に展開していくことになりました。

 


Songbreeseさんのアクセサリーですが、身につけているととてもパワーに溢れてきます。
作品を作る上で大切にしていることはどんなことですか?

日常的に誰もが感じる、"しなければならないこと"をしながらも、どこか、

"自分の自由を感じていてもいいんだ"

という遊びごころを盛り込みつつ、なるべく頭の中から純粋に出てくるものを表現できる様にしてますか…ね⁉︎
そして、いつも見て頂き、使って頂く人の事を意識しています。


新しい作品をどのようにして生み出されているのでしょうか?

常に頭の中にはアイディアの元があって、どうやって作るか、どんな色、質感で作るかを考えている様な気がします。
多分、制作に使える時間が限られているので、考えている時間が長くなっていると思います。

 


世界観を追求されているかのようなSongbreesさんですが、昨年から、絵画にも挑戦されていますよね?
絵画を始めたきっかけも教えてください。


絵は、専門教育を受けたことはありませんが、我が家の直系(母、娘)は、みんなずっと絵を描いています。
私も子供の頃からいろいろな画材で描いていましたが、
絵は、言葉で表現できない事を表現できる可能性があると思います。

誰とでも通じ合えるというより、作品から何かを感じる事ができれば、
どんな言葉より近く感じたり、心強く感じたりできます。
時代や、ジャンルを問わない、ダイレクトなコミュニケーションではないでしょうか。

 


絵の作品も作り始めて新たな発見や広がりはありましたか?

私にとって、アクセサリーを作ることと、絵を描くことは、
頭の中の全然別の部分を使っているんだという事が新たな発見でした(笑)。
1つ1つの作品を仕上げる過程で、アクセサリーの場合は“ほとんど失敗をしない”というか、
“してはいけない”前提で作りあげますが、
絵を描いている間はいかなるアクシデントも“仕上がりの糧になる”と、
途中の苦しみをも乗り越えて仕上げていきます。

ボタン、ビーズ、絵の具や支持体等、使う素材は年々種類増えていきますが、
それぞれの素材との相性や使い方が少しずつでもわかっていくことで、表現に深みができればいいなと思います。

 


今回どのような作品が並ぶ予定でしょうか?
 
こだわって集めた年代物のボタンやビーズを使ったビーズ刺繍のモチーフや、粘土や木の上に絵を描いて作ったモチーフを使ったブローチ、ピアスやイヤリングなどのアクセサリーと、
アクリル絵具などを使ったコラージュの平面作品を中心に持って行く予定です。

 

 

来場される方にメッセージをお願いいたします。

 

私にとって原点になる様なイベントです。
見て頂く方に直接作品についてお話ししたり、実際に作品を手にとって作品を感じていただける機会なので、

是非お越し下さいませ。

[ArtMACHI Museum]参加者 :久野安依子さん

久野安依子7日(日)参加

 



日記のようなことばのような感じで絵を描いています。
描くという行為を通じて違和感を削り取ってゆく中からみえる根源的な光のようなものと、

それがもたらしてくれる無重力感を大切にしています。

作品内容: 絵画と、絵画を基としたアクセサリーや小物
Twitter: @momoironehan​
Facebook:AIKO KUNO
instagram:@AIKOKUNO
----------------------------------------------------------
画家として活動していこうと決めたのはいつ頃からだったのですか?


十代の終わり頃、家の近所で夕暮れの空を見ているときに空の高いところから

雷に撃たれたみたいな感覚受けてその瞬間、絵を描かないと と思っていました。

自分にとっては衝撃的な、忘れられない体験でした。

 


その時々によって違うとは思うのですが、どういう想い、テーマを持って絵を描いているのですか?

 

自ら描いているけれども自分のことを描きたいわけではないということを最近想うことが多いです。
簡単には否定や肯定ができない、割り切れないものがすべて絶妙なバランスで成り立っていて、

そういったものが作り出す秩序のようなものや、

止むを得ずこぼれ落ちてしまったものの中にこそ愛があるような気がしています。


作者、見る方関係なく作品を通してそういったものをお互いに確認できたり、

エネルギーの交流ができる、そういったことが巨大な一つの体の中で循環しているようで気持ちが整っていくような。

そんな感覚を大切にしていたいです。

 

 

ここ数年、制作する上で変わってきた事はありますか?

 

子供が産まれてきてくれてから、
これまで自分の好きなようにさせてもらってきた毎日は
良い意味で想像が次々と覆され、
人生観が大きく変化し、速度感も年々増し、全く別のものと形を変えてきています。


日々ものすごい速度で成長するわが子と生きる時間は本当に貴重なものなので、
その一瞬一瞬感動を心に目に焼き付けて居たいといつも考えています。

制作においては、これまで人生の苦悩のようなものの中から掴み取ったものからしか光は生まれないと頑なに考えていました。
だれかを愛する気持ちや心がある以上、生きる上でそういったこととは切り離せないものですが、
そこに対する意識を変える強さや幅広い柔軟性を持ってゆけるようになってゆきたいと思いました。


自分が母親にならせてもらい、さまざまなことを感じ、命の神秘的な繋がりを学ばせてもらい、
大切な人たちと自ら、関わってゆく世界へのこれから未来の幸せに対してもっと責任を持ってゆきたいとより考えるようになりました。
これまでは本質的なことは理解してはいたつもりだったものの、分けて考えてゆけるものだと思っていました。

変わらずこの世界にただしいものは存在しないと思っており、
その循環の中で
生きている限り自分も周りも絶えず変化してゆきます。

 

人の社会の多くを形作っている断定的な感覚と否定的な感覚
その狭間や矛盾の中にあり、あいまいで消えそうな一瞬の光のようなもの、しかしなにより日々心に敏感に訴えかけてくるものの
美しさとそこからもたらされる平和を常日頃感じており、
また、美術にはそういった非常に繊細なものを表現する力があると信じているので
その感覚をこれからも大切にし、作品を描いてゆきたいです。

なにか少しでも作品と出逢ってくださった方の心が浮かびますように。

 

 

今回どのような作品がならぶ予定でしょうか?

 

絵画を展示させていただく予定をいたしております。

また、時間が許せば小さなオブジェや
絵画から派生して生まれたアクセサリーもお持ちできたらと思います。

 


会場に来られる皆様にメッセージをお願いいたします。

 

春、会場で皆様と直接お会いできることを楽しみにしています。
お気軽に話しかけてもらえましたら嬉しいです。

[ArtMACHI Museum]参加者 kuu ∞ AYUKIさん

【kuu ∞ AYUKI】両日参加
 



舞台衣装作家kuuと描き手Ayukiによるコラボユニットです。
kuuが繕った草木染めの風を通す服に、Ayukiが絵付けと刺繍をした一点ものの服に、
出会いに来てください。

作品内容:服、アクセサリー
HP
kuu:http://ilonowa.blog.fc2.com
AYUKI:http://ayuki.info
Twitter
kuu:@KuuIlonowa
AYUKI:@AYUKI826
------------------------------------------------------------------


お二人がコラボをするきっかけとはなんだったのですか?

大阪から東京への新幹線で隣同士の席になり、偶然家も近所という出会いから。

 


お洋服の制作はどにのようにおこなっているのですか?

最初に全体のテーマと方向性を話し合って決めることかは始まります。kuuが染めて形にしたものをAYUKIが絵付けすることもあれば、AYUKIが絵付けした生地をkuuが形にすることもあります。基本的にそれぞれが自由に直感的にやっています。

 

 

普段は画家として活動されているAYUKIさんですが、
普段絵を描いているのと、お洋服に絵を描く時の違い、それぞれの面白さや難しさ等があれば教えてください。

 

絵を描く時は、自分との対話です。

奥深くまで自分潜り込んで自分の中心に届くか届かないか。

そういうことをとても大切にしています。

kuu ∞ ayukiの時は、kuuさんと作るという必然性を一番意識します。そして服を着る人へ向けての祈りを込めます。

絵を描くことは私の内側世界に触れるしごと、服に描く時は外側の世界に触れるしごとかもしれません。

 

 

kuuさん、お洋服を作る時に心がけている事や気をつけていること、

ここは譲れないというこだわりなどがあれば教えてください。

 

kuuki

風を空気を
纏うような
衣をお届けしたいと思っています。

一点ものだからこそ できる贅沢な対話を繰り返しながらも常識にとらわれず
軽やかに。
無重力に。

 

毎回新しい気持ちで
布に触れ
色をあそび
素材と舞うことを

 

大事にしています。

衣を纏うことであなたが自由に。
この日々という舞台が輝いてゆくように。
森羅すべてを讃えるように。

願い創造しています。



kuuさんから見たAYUKIさんの魅力、
  AYUKIさんから見たkuuさんの魅力を教えてください。

◎AYUKIさんからみたkuuさんの魅力◎
kuuさんは私から見てとても自由な人です。彼女の中に制限や否定という言葉はありません。だから私も安心して全開でやりたいことをして、kuuさんは必ずそれを大きく受け止めて昇華するという信頼感を持てる作家です。

◎kuuさんからみたAYUKIさんの魅力◎
AYUKIちゃんは 摩訶不思議な距離感をもっていて。絵描きであり科学者のような 。。。  融合とか化学反応を日常でも表現の場でも、たのしみ味わう人。作品にもそれはあらわれていて、衣服に描かれた彼女の色光の粒つぶは平面には収まらず→空間領域を広げるような。 宇宙的な無辺を感じます。 この道の途中で出会えたことに感謝しています!

 

 

今回登場するお二人のお洋服のテーマを教えてください。

今回のkuu ∞ ayukiのテーマは「soma」です。
古代ギリシャ語で「身体」という意味の言葉。
着るとエネルギーが満ちて、その人が輝く方向にどんどん進む力となるように。
そして自信を持って世界に対峙できるように。
私たちの密かなエールを込めながら、そんな風に服を作っていけたらと思っています。

 

 

今回ウェディングのファッションショーにも参加されるとの事ですが、どんなドレスが登場するのか少しだけ教えてください。


今回のテーマは

〜 de nouvelles ailes 〜


わたしが歩いてきた道
あなたが
歩いてきた道
これからは。
ふたり。。


2人で描いてゆくあらたな☆幸せなステージへ
軽やかに舞うような
はばたいてゆく新しい翼の贈りもの

祝福をイメージしています。

ホワイトドレスは定番ですがcuteなカラードレスも人気があり、orderをいただくことが多いです。
室内パーティ・ガーデンウエディング
どちらでも纏える
女性の身体をやわらかく包む
Naturalなフェアリードレスをご用意しています。

人生に一度の瞬間をあなたらしい美しさを演出できるドレスです。
ぜひぜひご覧ください☆


------------------------------------------------------------------------
今回、Hello!ArtMACHIの中でお二人が色々とファッションショーにご参加いただきます☆
詳細は後日お知らせいたしますね☆

[ArtMACHI Museum]参加者 こばやしまみさん

【こばやしまみ】6日(土)参加


 

オモシロ愉快な陶器の作品です。
「そこに居る感じ」で作ってます。

作品内容: 陶芸(食器・雑貨)
作家HP: http://hitsujikau.exblog.jp
Twitter:@2012Madpotter
Fasebook:https://www.facebook.com/mami.kobayashi.1614

instagram ID:madpottermadpotter
------------------------------------------------------------------------

今は個性的でユニークな作品を作られている小林さんですが、
最初に作り始めた作品はどのようなものでしたか?
また現在の作風になるまでに影響を受けたものとはなんですか?

 

最初の頃は4本足の羊ばっかり作ってまして、実は羊が作りたいために陶芸家になったみたいなものです。
粘土や技法を変えてなんども挑戦して満足のいく羊ができた・・・・・とたんに羊つくりはやめました。
飽きたんだと思います。B型の特徴ですね。
とことん突き詰めて、平気で放り出す(笑)←ってわろてる場合かいっ!
今は全然違う技法で作ってますが、いろんなクリエイターさんたちの影響を受けてると思います。
有名どころではクリムト、岡本太郎さんとか草間彌生さんが好きです。

 

 

作家活動を通して、印象的な出来事や出会い、面白い体験や不思議な体験などはありましたか?

 

この狭くて静かな空間で、孤独とロクロに向かい合う、それが作家人生・・・・と決心して陶芸道に入ったのですが、
思いのほか面白く、サッリーマン新時代よりずっと友達が増えました。全然孤独じゃないです(≧◇≦)
最近では「会いたいな〜、好きだな〜」と思ってた人と偶然に出会えることが多くて、これはキタな・・・と思ってます(何が?)

 

 

こばやしさんの食器は食卓に並ぶととても会話が増えます。
作品を作る上で、こだわりやコンセプトなどはあるのでしょうか?

 

こんなんあったら皆喜ぶやろな〜ってクスクス笑いながら作ってます。
なので制作風景は不気味です。
ヒトツいいのができたらそこから妄想で派生していきます。
覆面レスラー→赤レスラー青レスラー黄レスラー→タイガーマスク→パンダマスク→レスラーパンダ(レッサーパンダのレスラー)
みたいな。

ダルマ皿→マトリョーシカ皿→二人の間に生まれたダルマトリョーシカ皿(ハーフ)とか。

ぜひ解説聞いてください!

 


これまで数々のユニークな作品を生み出してこられていますが、
完成してから気づいた面白い失敗作や、これは我ながら大成功!という作品はありますか?

 

焼きあがったらひと窯全部失敗とか、乾燥不足で大爆発とかあります。
そういう時はすぐにBlogに書いて笑い話にして、次の作品に取り掛かります。
最近「皿マンガ」というのを思いついて(お皿の絵にストーリーがある)これは・・・・平成の鳥獣戯画・・・・
と我ながらの傑作の予感に震える思いだったのですが、出来上がってみると大したことなくてガッカリしました。
まあ、皿マンガは今後も突きつめていきたいです。

 

 

今回イチオシの作品や、新作などがありましたら、是非ご紹介してください。


夏に向かって蕎麦猪口とかビアマグとか。

 


今回、ワーク ショップもまた開催してくださいますが、ワークショップの楽しい面を教えてください。


基本自由です!
陶芸フリースタイルです。
どこにも売ってない自分だけのモノを作ってください。

 

 

来場される方へメッセージをお願いいたします。  


私も毎回楽しみにしているイベントです。
ぜひ遊びに来て作品の解説きいてください。

----------------------------------------------------------------

[ワークショップ詳細]

*こばやしまみさん「小さいお皿に絵を描こう」*
4月6日(土) ※予約受付中

小さいお皿に絵を描きます。
出来上がり寸法がだいたい14×9僂里星澤繊
写真を参考に絵を考えてきてもらうとスムーズです。
作品は一旦私が持ち帰って焼いてからのお渡しになります。
6月ぐらいになります。

所要時間:約30分
定員:各4席(予約優先/空席時は随時参加可能)
11時半〜 13時〜 14時〜 15時半〜
後は席が空いていればいつでもどうぞ♪


参加費:1500円
出来上がった作品はranbu店頭にてお渡しです。(6月頃)
発送をご希望の方は送料+500円となります。


持ち物:特になし
下書きにインクを使うので服につけないように注意してください。

ご予約はこちらから→→


※5分前までにはブースまでお越しいただくようお願いいたします
※受付の際、こばやしさんにお名前と、振込完了のメールをご提示ください。

-------------------------------------------------------------------------------------------

全ワークショップのご紹介ページはこちらです→

[ArtMACHI Museum]参加者 Flippsさん

Flipps6日(土)参加



冒険心のある自由な発想で
楽しく、あたたかみのあるものづくりを心がけ
夫婦二人で制作しています
Flippsの商品を身につけてたくさんはじけてください!

内容:キッズTシャツと雑貨

HP:https://flippskids.wixsite.com/flippskids
Instagram:@
flipps__
  ------------------------------------------------------------------

 

お洋服や雑貨のコンセプトやテーマを教えてください。


コンセプトは「たくさんはじける!」子どもという意識を出来るだけ少なくし、可愛さの中にもかっこよさも入れるように心がけています。

 

 

子供服を作り始めたきっかけなどがあれば教えてください。


自分でデザインしたものを、自分の子どもや、いろんな人に身につけてもらいたく始めました。
それと会社勤めが苦手すぎたことも拍車をかけています(笑)

 

 

デザインをする際に、こだわっていることや気をつけていることはありますか?


色の濃いメッセージ性などは入れずに、身につけていて楽しくなるようなデザインを心がけています。

 

 

今回ArtMACHI Museumには初めての参加となりますが、どんなお洋服やグッズが並ぶ予定ですか?


沢山のデザインのTシャツを中心に、子供も大人も使えるヘアアイテムやアクセサリーを沢山ご用意します。

 

 

ご来場の皆様に一言お願いいたします!


キッズTシャツと雑貨のFlipps(フリップス)と申します。京都から来ました!
素敵なイベントに、沢山の素敵な作家さんと一緒に参加させていただけることになりました。
日本で一番高所のイベントかな?とっても眺めのいい場所で皆様のお越しお待ちしています!

[ArtMACHI Museum]参加者 sugarbrownさん

sugarbrown両日参加



海外のビンテージ布、インテリアファブリックなどを使って独創性のあるバッグを作っています。

内容:バッグ、ポーチ

HP:https://blog.goo.ne.jp/achamarch
  ------------------------------------------------------------------

 

今回初めての出展ですがSugarbrownさんのコンセプトやテーマを教えていただけますか


多種の布を使ってオリジナリティのあるバッグを作っています。
布の組み合わせは無限です。その中からsugarbrown独自のカラーで暖かみのあるバッグ作りを目指しています。
手に持った時心地よく、使うたびに楽しく、みなさまの暮らしに馴染んでいくことを願っています。
初めての出店です。どうぞよろしくお願いします。
 
 
様々な布を使われていますが、布へのこだわりを教えてください。


長い間テキスタイルデザイナーとして働いていました。その間にたくさんの布と出会い
その経験から布を選ぶ目には自信を持っています。
海外のヴィンテージ布に出会ってからはその魅力にとりつかれました。
現在の布にはない個性的なデザインや色、ノスタルジックな素朴な柄など…
そして長い時間を経た大切に布には暖かみがあります。
みなさんに手に取ってもらってこの魅力を楽しんでいただきたいと思います
 
 
作品を創るうえで、大切にしていることはどんなことですか?


オリジナリティ一溢れるデザインと
素材選びに時間をかけひとつひとつ丁寧な製作を心掛けています
 
 
今回どのような作品が並ぶ予定でしょうか?


春夏に向けたトートバッグ、ショルダーバッグ、ポーチ
 
 
ご来場の皆様に一言お願いいたします!


お出かけが楽しくなるバッグを沢山用意しています。
皆様にお会いできることを楽しみにしています。

[ArtMACHI Museum]参加者 Hanacocoro39さん

【Hanacocoro39】両日参加



Art作品・ワールド全開のHanacocoro39 オリジナルイラストを元に
世界にひとつだけの手刺繍でブローチや耳飾る。
など、ぬくもりとキュートさを兼ね備えた、
大人女子の心をわしづかみにするかわいさをモットーにひと針ひと針こころを込めて日常に溶け込み、
キラキラ輝くお手伝いができますように、と想いを込めて制作しています。
裏面も、こだわってます。

内容:オリジナルイラスト手刺繍アクセサリー・キャンバスイラスト

Twitter:@Hanacocoro39
Facebook:Hanacocoro39
Instagram:HANACOCORO39
  ------------------------------------------------------------------

 

モノ創りを始めたきっかけを教えてください。

幼稚園の頃から絵を描くことが大好きで
その頃は、絵描きになる、と思ってました。
美術系の短大を出たあと絵や立体物を中心に制作してたのですが、絵画を身につけれたら、と思い今に至ります。


作品を作る上でのテーマやコンセプトはございますか?

世界にひとつ、あなただけのもの、
ぬくもりとキュートさを兼ね備えた、
大人女子の心をわしづかみにするかわいさをモットーに
ひと針ひと針こころを込めて日常に溶け込み、キラキラ輝くお手伝いができますように、
と想いを込めて制作しています。
そして、パッケージや袋も込みで
いちいちかわいい、もこだわりの1つです。


作品を作るということは、Hanacocoro39さんにとってどんなことでしょう?

作品を、うみだす楽しさ、出来上がった作品が自画自賛なくらい大好き、
自己表現、そして手にとってくださる方々に
Hanacocoro39 の作品を見つけてくださった時の
ココロくすぐられた、キラキラ輝く、お顔を垣間見れたときは
制作しつづけて良かった!と思える瞬間です。
 

 

新しい作品やアイディアはどのような時に思いつくのでしょうか?

 

何気ない生活のなかで、ふと降って湧いてくる感じです。ほんとに急にきます(笑)

こないときは全くこないので、面白いです(笑)

無意識に、頭の中は作品やアイディアのことでいっぱいのようです(笑)
 

 

何か新たな目標や、挑戦してみたい事等があれば教えてください。

目標は世界にHanacocoro39 を知ってもらうこと、
手にとってもらうこと。
挑戦は、挑戦したいことは沢山あります。
作業所とのコラボ作品や、
久しぶりにHanacocoro39 WORLD全開の
個展もやりたいです。個展で何か新しい面白いことをしたいです。ぼんやりとしてますね(笑)


ご来場のお客様にメッセージをお願いします!

AMMは、すてきすぎる作家さまが集まるので個人的にも楽しみにしています、
1日中楽しんでいただけると思いますのでどうぞ遊びにいらしてくださいませ!
Hanacocoro39 は1年間イベントをお休みしてまして
今回フル充電での復帰イベントとなります。
逢いにきていただけると嬉しいです。

[ArtMACHI Museum]参加者 フユノモリ社さん

【フユノモリ社】6日(土)参加



鉱物を使ったミニチュア世界のようなアクセサリー。

作品内容: 鉱物アクセサリー
HP:https://winterbaby.red
Twitter:@fuyunomorisya

instagram:@fuyunomorisya
------------------------------------------------------------------

 

今回初めてのご参加となりますが、フユノモリ社さんの世界のご紹介を少しだけお願いいたします。

 

鉱物の洞窟、どこかへ続く梯子や階段、小さな生き物たちの小さな隠れ家、
という「深層心理のなかの世界」を形にまとめたら、
持ち運びできる鉱物アクセサリーになった、という感じです。

小さなパーツが多いので(私は製作中にすっかり近眼になりました…)、自分が小人になったような気分になればなるほど、楽しんで観察して頂けるのではないかと思います。

 

 

色んな鉱物を使われていますが、フユノモリ社さんが感じる鉱物の魅力とはなんですか?

 

私は手のひらの上に置いて眺められるような、小さな鉱物が好きなのですが、
じっと眺めていると、小さい中にも大きな地形と同じような、湖や森や崖のようなものがあったりして、
ミニチュアの世界を掌中に収めている! と思う瞬間があって、
そこに取り憑かれているのかもしれません。
とにかく想像力がかき立てられると同時に、何か一つの世界を所有している気がして、
所有欲まで満たされてしまいます。
後は、単純に純粋に美しいものだなあと思っています。
規則的な美しさがある一方で、同じ石が2つとないという点も好きです。

 


制作をするうえで、大切にしていることやこだわっているところを教えてください。

 

鉱物の自然な美しさには絶対にかなわないと思っているので、なるべく鉱物の邪魔をしないよう、
一番綺麗な部分を塞がないよう、載せるものや配置を何度も調整して決めています。
載せているキャラクターについても、鉱物の上にいても不自然にならないことが第一です。
(そのために、どんどんサイズが小さくなっています……)
逆に言えば、僅かな余地の中でだけ、自分の趣味を全開にするというやり方をしています。

 


今回、どのような作品が並ぶ予定でしょうか?

 

種類で言えば、ネックレス、指輪、ピアスやイヤリング、その他小物になります(オブジェは重いので……;)
せっかく直接見ていただける機会ですので、実験的なものや変わった鉱物ばかり並べてみたいと思っています。

 

 

来場される方へメッセージをお願いいたします。


イベントに参加するのがとても久しぶりですので、かなり緊張してしまいそうなのですが、
直接見て、いろいろ試して頂けたらいいなと……とても楽しみにしています。
どうぞ宜しくお願いいたします。