[ArtMACHI Museum]参加者 Choucho Musubiさん

【Choucho Musubi】6日のみ参加




立体的に刺繍を施すスタンプワークの技法を生かしてオリジナルの作品を制作しています。

ワイヤーをベースに刺繍したパーツは、色とりどりの刺繍糸を2色以上混ぜて刺すことで

水彩で描くようなじんわりとした色合いを表現しています。

そして、ひとつひとつ組み合わせて羽根や花などのアクセサリーに仕上げています。


作品内容: 手刺繍のアクセサリーなど
HP:http://choumusu.wix.com/choucho-musubi
Twitter:@choumusu

instagram:@choumusu
------------------------------------------------------------------

 

刺繍で作品を作り始めたきっかけを教えてください。

 

手芸、裁縫は元々趣味でやっていたのですが、ある刺繍作家さんの作品に惚れ込み、

自分でも刺繍を始めようと思ったのがきっかけです。
そして刺繍にはいろいろな技法がある事を知り、

その中でも一段と興味深かった立体刺繍を取り入れた制作をするようになりました。

 

 

とても時間のかかる作品のように感じます。
どのような工程で作品が出来上がるのか、簡単で結構ですので、教えてください。

 

翼や花は図案を考え布に写したあと、ワイヤーを留めつけてから中を刺繍します。

配色は刺しながら決めていくことが多いです。
そして、ひとつひとつ切り離したパーツを組み合わせて立体にしていきます。

 

 

羽根の躍動感、花の力強さなど、一つの一つの作品に命が吹き込まれているように感じます。

 制作するうえで大切にしていること、こだわりがあれば教えてください。

 

立体的な形づくりがより引き立つように、モチーフはどれもシンプルなステッチの組み合わせで制作しています。また、アクセサリーとしての装飾感を金や銀の糸を縁に使って表現するようにしています。

 

 

お花の刺繍と羽根の刺繍からは違った世界観を感じるのですが、それぞれの作品には何かテーマがあるのですか?

 

羽根は『美しい鳥たちが落とした羽根を集めて』作っているようなイメージです。

爽やかで、鮮やかなイメージ。

 

お花を作ろうと思ったのは、とあるお花屋さんに訪れた時でした。

そこには時を止めたような色のドライフラワーが売られていて、

こんな色の花を刺繍で作ることが出来たら素敵だと思いました。

 

 

 

今後挑戦してみたいこと、作ってみたいものなどはありますか?

 

人物や建物を立体刺繍で作ってみたいと思っています。

 

 

今回どのような作品がならぶ予定でしょうか?

 

鳥の羽根をモチーフにしたアクセサリーを中心に持参する予定です。
ガラスドームに閉じ込めた刺繍の花も作りたいですね。

 

 

会場に来られる皆様にメッセージをお願いいたします。

 

春に相応しい色鮮やかで軽やかな刺繍作品を是非見にきて頂けたら嬉しいです。
写真だけではなかなか伝わらない糸の艶感、微妙な色合いなどきっとお楽しみ頂けると思います。

どうぞよろしくお願い致します!

[ArtMACHI Museum]参加者紹介 Hanairoさん

【Hanairo】両日参加

 

『普段使いできるつまみ細工』をコンセプトに
洋服屋お着物に気軽に使える和風のイメージを一新したアクセサリーを制作しています。


作品内容:つまみ細工のアクセサリー
作家HP:hanairotsumami.jimdo.com
Twitter:@_hanairo_
instagram:@hanairotsumami

Facebook:hanairotsumami

------------------------------------------------------------------


「つまみ細工」について簡単にご説明いただけますか?

正方形の小さな布を折りたたんで花びらを作り、組み合わせによって様々なお花の表現ができる
江戸時代から続く伝統工芸です。



つまみ細工との出会いや、*Hanairoさんが思うつまみ細工の魅力を教えてください。

 

つまみ細工との出会いは姪の初節句、下がり雛の飾りの中につまみ細工の可愛いぼんぼりを見たことがことが初めての出会いです。
七五三の髪飾りに作ってあげたいと思ったのが制作のきっかけです。
正方形の生地を折ることで出来上がるふっくらとした花の可愛さと優しさが大好きです。
他に折り方や大きさ、枚数、色の組み合わせで無限に表現ができるところが魅力だと思います。

 

 

つまみ細工と聞くと"和”なイメージがありましたが、*Hanairoさんのアクセサリーを見てイメージがガラッと変わりました。

作品を製作される際に大切にしていることや、こだわっていることはありますか?

 

見た瞬間に心がときめくような可愛さや美しさが溢れる作品に仕上がるように、

花の大きさや色の組み合わせに変化をつけています。
洋風にアレンジしつつも、生地は古布や羽二重など、それぞれのお花の雰囲気に合わせた種類の正絹を使ったり、
つまみ細工本来の魅力を無くさないよう気をつけています。

 


今回ArtMACHI Museumには初めての参加となりますが、どんな作品が並ぶ予定ですか?

コサージュや、ヘアアクセサリー、ピアスやイヤリングなど色々とお持ちします。



会場に来られる皆様に一 言お願いいたします。


お花畑のようなブースにぜひ遊びにいらして下さいね!
皆様にお会いできることを楽しみにしています♪

[ArtMACHI Museum]参加者 moss-connectさん

【moss-connect】両日参加




TVや新聞などのメディアに多数出演している有名店


作品内容: 苔インテリア
HP:http://moss-connct.com
Facebook:moss-connct
instagram:@moss_connectgram
------------------------------------------------------------------

 

苔との出会いや、苔テラリウムを始めるきっかけ等のエピソードがあれば教えてください。

 

苔との出会いは4歳の時。横浜から滋賀へ移住したら、地面が緑色でとても不思議でした。
その緑を近くで見てみると、木の芽や雑草、小石や何かの実、虫やカエルなどが居て、そこには小さな世界がありました。

その世界に心惹かれ、しゃがんでいつまでも眺めていたのを思い出します。

 


苔テラリウムとはどのようにして出来上がっていくのでしょうか?

苔の採取許可を得た山に採りに行き、ガラスの容器の中でどのような世界を表現するかをイメージし、
ピンセットを用いて、細かく丁寧に作り上げて行きます。
 

持って帰った際、お手入れ等は難しいのでしょうか?

明るい所に置いて、霧吹きでお水をあげるだけです。
容器の形状により、毎日お水を与えるか、月に1度お水を与えるか変わります。
 

作品を創り上げていく際、どういった事を意識して表現しているのですか?

苔が枯れないように植栽する事を前提として、
どこかで見た事があるような美しい自然を再現する事が多いです。


苔の魅力を教えてください!

ひっそりとした美しさを感じられ、繊細で可憐であるにも関わらず、
都会のコンクリートやマンホールでも育つ力強さもあり、
寿命が無いほど丈夫な所が魅力です。

 

 

普段は苔テラリウム教室もされているようですが、どんなことができるのでしょうか?

 

普段は数種類の容器と数種類の苔、観葉植物、石、砂を自由に選んでいただき、

自分だけの世界を作っていただく、世界に一つだけの苔テラリウムを作っていただいています。

 


今回初めてのご参加となりますが、どんな作品が登場する予定でしょうか。

柔らかく瑞々しい、可憐な苔の美しさを皆様にお届けしますので是非癒されて下さい!

[ArtMACHI Museum]参加者紹介 陶刻家 由上恒美さん

【陶刻家 由上恒美】両日参加




陶を削って制作する作家です。彫刻の要素が好きです。
感覚でウツワもつくります。育てるウツワと呼んでいます。
ひとつひとつ違った作品をつくっています。
立体作品の空シリーズでは、絶滅危惧種の制作をライフワークのひとつにしています。
空をみること、空の思想を大切に過ごしています。
自然と溶け合う作品を制作できたら、嬉しいです。
暮らしのなかに、寄り添う作品を制作していきたいです。


作品内容:陶器、陶オブジェ
作家HP:https://sueclay.jimdo.com
Twitter:@Sueclaykiln
instagram:@tsunemiyukami

------------------------------------------------------------------


陶で作品を作り始めたきっかけや、陶の魅力を教えてください。

会社員として、働いていましたが、子供の頃に益子で陶芸に興味を持ち
茶道をしていたことから、陶芸への思いが募り
2度目の大学、通信ですが大学にて、陶芸を専攻する事を決心しました。
大学に入って学ぶうちに、彫刻に出会い、元来の陶芸よりも
削ることの彫刻の要素が自分に合っている事に気づきました。


在学中は、削る事は元来の陶芸ではタブーな部分があり卒業してからの陶芸の森でのアーティストレジデンスで
陶を削って制作する事が、やっぱり愉しいと再確認しました。
その後、弟子入りもしましたが、削る事を封印され、ドロップアウト
その後、独自の陶を削って制作する方向に、今に至ります。
土には、柔軟な部分があり、器は使ううちに自分の色に育っていくと思います。
彫刻作品では、想像を巡らせて頂けたらと思い、制作しています。

 


作品を制作する際に、こだわっている事や大切にしていることはありますか?

 

自然や日々の暮らしに感謝すること。感覚で制作する事を大切にしています。
シンプルに自然に制作する姿勢でいたいと思います。

 

 

最初に作品を見た際に、空模様の動物達がとても印象的でした。

 

空シリーズでは絶滅危惧種を制作されているとのことですが、そこにはどんな想いが込められているのでしょうか?
動物が大好きなので、子供の頃に雲が動物に見える!って嬉しかった
事が、皆さんもおありだと思います。私はそれをずっと持っていて
そこから、空が動物やカタチになったら素敵だなと思い、彫刻作品を制作し始めました。
絶滅危惧種の制作は、知らないといけない事、それは自分たちのいる地球で起こっている
事を知る忘れない、自分への戒め、メッセージも込めて、制作しています。

 


今回初めての参加となりますが、どのような作品が並ぶ予定ですか?

器作品(育てるウツワと呼んでいたりします) と
彫刻作品(空シリーズの動物、雲のオブジェであり花器にもなります)
雲の指輪など、せっかくなので個展のように色々観て頂こうと思っています!


会場に来られる皆様にメッセージをお願いします。

私の作品は、器は手に取って頂くと伝わる事があったり
彫刻は解りにくいところもあるかと思いますがいろいろ聞いて頂けたら、楽しいかなと思います。
人見知りではありますが、ぜひお声かけ下さい!

[ArtMACHI Museum]参加者紹介 新井尋詞さん

【新井尋詞】両日参加

 


毎日の生活の中で使うたびに新たな魅力を発見できるような、懐の深い作品を作りたいと考えています。


作品内容:粉引の白い器や小物、絵付けの器や小物
作家HP:https://www.hiroshiarai.com
instagram:@tokona_10

------------------------------------------------------------------


物語がたくさん詰まった新井さんの作品ですが、コンセプトやテーマを教えてください。

 

毎日使うほどに新たな良さを感じられるもの作りをめざしています。
「ジワジワくる」が大きなコンセプトです。そのために色や質感にはとても注意を払っています。

使いやすさという基本も忘れないようにしています。

 

また、現在は階段をモチーフにした装飾が多くなっています。階段はいろいろな物語の舞台になります。

その時々の心境によって、人それぞれの空想を膨らませられるように、説明的になりすぎないように気をつけています。

以前、私の作品について「ビターメルヘン」と評してくださったお客様がいらっしゃいましたが、そのとおりだと思っています。



以前、プロフィールを拝見した時に、突如陶芸を始められた印象でした。
陶芸を始めたきかっけはどういったことだったんでしょうか?

 

幼い頃は絵を描いてばかりいる子供でした。

二十歳前後の頃に常滑出身の哲学者、谷川徹三(詩人、谷川俊太郎のお父さんです)の講演をききました。

そこで「常滑焼は世界に誇れる文化である」ということを聞き、改めて地元の伝統文化、常滑焼を観るようになりました。

観て使っているうちに、自分でも作ってみたいと思うようになりました。


私のもの作りの原点は幼い頃のお絵かきです。

ですから、今作っている物は絵画的、あるいはイラスト的な雰囲気が強いかもしれません。

 

 

新井さんの動物達はとてもシンプルに見えてますが、背景の物語を教えてください。

 

どの人形も風に吹かれて微笑みながらただ立っているだけです。腕も省略しています。

微笑みも控えめなアルカイックスマイルにしています。
本当にただ立っているだけです。

そのことで、生きること、存在することそのものを肯定できたら良いな、と考えています。

もしかしたら、禅やこのところ流行っているマインドフルネスなどの考えにも通じるのかもしれません。

 

また、人形の台座にはサインとして、“ara i aqui”と記しました。これはカタロニア語で“now and here”の意味だそうです。意味が人形のテーマに合っていて、そこに私の名前(ara i)が潜んでいるので面白いと思い、そう記しています。

少し話が脱線しますが、Toti Soler(トティ・ソレール)というカタロニアのギタリストが好きで良く聴いています。

とても穏やかで間を大切にしたギターです。聴きながら人形を作ったりもします。

それもあってカタロニア語のサインを入れられるのはとても嬉しいです。

 


今回、どのような作品が並ぶ予定でしょうか?

これまでのコンセプトをさらに進化させた物を考えています。

これまでは白単色でしたが、色を加えて新たな表現をしたいと思います。

カップ、ポット、プレートなどの食器や、蓋物、人形、ブローチを用意する予定です。


来場される方へメッセージをお願いいたします。


毎日の生活に彩りや深みを感じていただけるアイテムをご用意いたします。

ぜひご覧ください。

また、お客様と直接お話することはとても大切だと思っています。

なんなりとお気軽にお声掛けください。

お会いできることを楽しみにしています。

[ArtMACHI Museum]参加者 えこっちょ

【えこっちょ】6日(土)のみ参加

 

 

物語を感じてもらえるような絵を描いています。

 

作品内容:イラスト・イラスト雑貨

HP:https://ecottyo.jimdo.com/

Twitter:@ecottyo

nstagram:@ecottyo


------------------------------------------------------------------

 

えこっちょさんはデジタルで制作されていますが、あの壮大な世界はどのようにしてできあがっていくのですか?


基本的にはその時に「描きたい」と思っているものからイメージを膨らませている感じですね。
「描きたい」と思うものは明確な物語であることもあれば、
月や星といったモチーフであったり、構図や色彩、音楽、言葉であることもあります。
イメージが浮かんだら、絵にする作業に入るんですが、
最初の段階では完成形を想像しないようにしているのが、自分の中ではポイントです。
ラフを完璧にして、完成に向かって決まった工程を踏んでいく。
といった作業のようになってしまうと、個人的にあまり楽しくないので。。。
下書きは全然描き込まずに描きながら考えています。
そうすると完成するまでは自分でもどんな絵になるかわからないので、
楽しみながら描いていますね。

 


作品をつくる際に大切にしている世界観やテーマはありますか?

 

見る人がほっとするような温かい世界観と、作品を部屋に飾った時に、暮らしの中に自然に馴染むかどうか、

ということを大切に作品を作っています。
そのため、着彩はデジタルで行っていますが、自分で作ったテクスチャを使ったり、線だけ手描きにしたりして、出来るだけ手描きの柔らかい感じや偶然できた模様などを入れるようにしています。

 

 

夢が広がる作品ですが、ちょっとした秘話を教えてください。

 

絵を描く時は、最初に細かく下書きをして…ということはあまりしていません。
物語やキャラクターなどを大まかに決めたら、とりあえず描きはじめる。
それで描きながら、ここにこんなモチーフがあったらおもしろい。この色の方が綺麗かもしれない。
など、描いているうちにどんどん物語がひろがっていくのがおもしろいんです。
完成図が自分でもわかっていないから、常にワクワクしながら創作しています。

 


今回、どのような作品が並ぶ予定でしょうか?

 

出展するからには、観ていただいた方の心を動かす作品でありたいと思っています。
ですから観て楽しいだけではなく、「買いたい」「ほしい」と思ってくれるような作品をもっていくつもりです。

 


ご来場の皆様に一言お願いいたします!

 

久しぶりの出展で緊張していますが、とても楽しみにしています。
当日はラクガキなどしながら自由にしていると思いますが、
お気軽に声をかけていただけたら嬉しいです。

[ArtMACHI Museum]参加者紹介 WAKITAOさん

【WAKITAO】7日のみ参加



ご祝儀袋、ぽち袋やふせんなど、気持ちを伝えるグッズを作っています。

すべて、型染めによるイラストが使われています。


作品内容:型染めイラストのグッズ
作家HP:http://wakitao.blogspot.jp
Twitter:@w_a_k_i_t_a_o
instagram:@w_a_k_i_t_a_o 

------------------------------------------------------------------
wakitaoさんのされている型染めなのですが、どういったものなのか簡単に教えていただけますか?

型染めは型や版を用いて柄を染める染色技法です。
古くから着物などの柄を染めるのに使われてきました。
私は沖縄の「紅型」という型染めが特に好きだったので、型染めの基礎は沖縄で学びました。



型染めとの出会いや、型染めを始めたきっかけがあれば教えてください。

 

学生時代、近くの本屋さんのブックカバーなどを担当されていた望月通陽さんの作品を見て、型染めを知りました。

それから芹沢げ陲気鵑侶審╂などを知り、素敵だなあと驚いたのが最初です。

 

 

ワキタさんの思う型染めの魅力とはなんでしょうか?

 

型があることで独特の形が生まれる所だと思います。

あと染料や顔料が布や紙に「染みている」という部分が個人的にぐっときます。

 


とてもユニークなモチーフが多いですが、コンセプトやテーマはありますか?

子どもの頃から現在までに出会ったいきものや、見た風景を描くことが多いです。
その中でも沖縄で捕って以来大好きになったタコは、登場回数が多いです。

見たそのままではなく、モチーフやイメージに合う配色や構図を考え、
自分らしさを出すようにしています。


作品を作る上でこだわっているところやむずかしいところはどんなところですか?

描こうと思っているものが本当に面白いかどうか、
魅力的な作品になるのかどうか、という点です。


今回どのような作品が並ぶ予定でしょうか?

カードやご祝儀袋、ぽち袋などの気持ちを伝えるグッズや、
手ぬぐい、小さい原画などを持って行きます。


会場に来られる皆様に一 言お願いいたします。

なかなか直接お会い出来ないみなさんにお会いできるのを楽しみにしています。

どうぞよろしくお願いします。

[ArtMACHI Museum]参加者 moclen.さん

【moclen.】両日参加



moclen.(モクレン)は、紙を使ったものづくりをしているブランドです。

”Play and Enjoy Paper!”をテーマに、紙で何ができるかを日々探しながら、

紙の少し違った一面をみせたいと思い活動しています。


作品内容:紙のアクセサリーやブローチ
HP:http://moclen.jp
Twitter:@moclen_info
instgram:@moclen_info

Facebook:moclen.jp
------------------------------------------------------------------
紙を使ってものづくりを始めたきっかけを教えてください。

 

最初の勤め先を退職したあと、 1年間グラフィックデザインを勉強するために専門学校に通ったのですが、

授業の課題で制作したカレンダーがそもそものきっかけでした。

その時に使用した紙の色や質感が気に入り、既存のクラフトや手法にとらわれず、なにか作ってみたいと思ったところから活動がスタートしました。

 


moclen.さんの思う紙の魅力とは何ですか?

紙って身近でよく触れる機会が多い素材だけど、その可能性はまだまだ秘められているところ。

 


作品を生み出す際のアイディアはどんな時に思いつくのでしょうか?
 

「新作を作るぞ!」と意気込んで机に向かってる時に限らず、日常会話の途中のときもあれば、

別のものを作ってる途中や、電車移動や買い物の途中だったりと様々です。

 


今回ArtMACHI Museumには初めての参加となりますが、どんな作品が並ぶ予定ですか?

 

ブローチやアクセサリーを中心に、紙雑貨などを用意できたら…と考えてます。

どれもこれも紙でできているものが並びます。

 

 

ご来場の皆様に一言お願いいたします!

 

初参加で、かつ関西エリア出展はまだ初心者レベルのブランドですが、とても楽しみにしてます。

どうぞよろしくお願いいたします。

[ArtMACHI Museum]参加者 OPPO−!さん

【OPPO−!】両日参加




つぶらな瞳のちっちゃな手作り紙雑貨

作品内容:紙雑貨
HP:https://www.oppo-goods.com
Twitter:@_Y4
instgram:@oppoy4e

Facebook:oppogoods
------------------------------------------------------------------
今回初めてのご参加となりますが、OPPO-!!さんの世界のテーマやコンセプト教えてください。

 

「うれしいときに たのしいときに おっぽー!」
つぶらな瞳の小さな生き物たちがちょこんと机の上に居たら、手帳の中にいたら、
時々ふふっと嬉しく楽しくなれたらいいなと思い制作しています。

皆様のいろんな日常にこんにちは出来ると嬉しいです。

 


作品を創る上でのこだわりはどんなことですか?

つぶらな瞳の生き物たちみんなが「無表情」なことです。

ぼーっとしてるように見えたり、実は楽しそうに見えたり…
様々な受け取り方、使い方…
「自由」に受け取って頂きたい、自由をもっと楽しんで欲しいです。

と難しく考えてみましたがなんだかんだ「可愛いー!」だけで生きています。
小さい紙物はかわいい、小さいものはかわいい、つぶらな瞳はかわいい。
かわいいが「こだわり」です。
 


様々な形のシールやマスキングを作られていますが、楽しむヒントを少し教えてください。

 

メモやシール、色々組み合わせて頂いても楽しめるよう色合い等意識してますので
ぜひ複数組み合わせてみて頂きたいです。
私自身シールは2、3個まとめて装飾することが多いです、楽しいです。

 

マスキングテープは色紙に貼って頂くと少しマイルドな色合いに、
下地の色によって色んな表情が楽しめるアイテムになってます。
ぜひあちこち装飾に楽しく遊んで頂けますと嬉しいです。
 


今回どうのような作品が並びますか?


小さなマッチ箱に入ったアイテムを中心に気持ちを伝える「メモ」を沢山ご用意致します。
どれもほんの一言だけど、一言だからこそ添えやすいと思えるサイズ
手書きで一言添えられてるとうふふとなる気持ち、お届けしたいです。

 

今後、挑戦してみたい分野やモノ創りなどもし、漠然とありましたら教えてください。
 

金属や革など普段使っていない、味わいのある素材を使ってみたいです。
 


会場にいらっしゃる皆様にメッセージをお願いいたします。
 

ドキドキわくわくの会場にはじめまして!致します
皆様と直接お会いできるこの機会に、じっくりゆっくりご覧頂けますと嬉しいです。
また、色んな自由な楽しみ方もご提案できればと思います。
めくるめくOPPO-!ワールドをどうぞお楽しみに!

[ArtMACHI Museum]参加者 古澤 彩さん

【古澤 彩】両日参加


 

 

動物の楽しくてちょっと幸せになれる様な器を制作しています。

作品内容:陶器
HP:http://www.art-saisai.com
Facebook:AYA
instgram:@kurumimiruku7
------------------------------------------------------------------


今回、初めてのご参加となりますが、くすっと笑っていまうようなユニークな作品ですが、

コンセプトやテーマを教えてください。

かわいくなり過ぎず、他にはない楽しい物をテーマに制作しています。



モノ創りをする中でこだわりや大切にしている事はどんなことですか?

気分が乗らない時や上手くいかない時も、気分が上がる様に自分で持っていく様にしています。

 


古澤さんの作品が食卓に並ぶととても会話が増えそうですね☆
例えばこのように使ってみてくださいなどオススメはありますか?


温かい物もいいのですが、冷たいドリンクにも使っていただくのがオススメです。
手びねりで成形しているからなのか?ガラスのコップより口当たりが柔らかです。

 

 

今回、どのような作品が並ぶ予定でしょうか?


お皿、カップなど器の他にブローチも並ぶ予定です。



来場される方へメッセージをお願いいたします。 

いろいろな作品を見て頂きたいと思っています。
1点ものが多いので、気になる作品がありましたら、早めにお選びくださいね。