2017.04.19 Wednesday

[ArtMACHI Museum]参加者Lilic-Lickさん

【Lilic-Lick】23日のみ参加



何だか解らないけどこれイイネ!!と
大人も子供も楽しめるモノが作れたらと思っています。

作品内容: レターセット  モビール
HP: http://lilic.buyshop.jp
Twitter: @lilic_lick
------------------------------------------------------------------
1.響きが良くてとても印象的だったのですが、Lilic-lick(リリック・リック)という活動名の由来はなんでしょうか?

昔、好きだったお店が韻を踏んでいたので私も韻を踏んだ名前にしたくて言葉を探しました。
フックブックローというNHKの子供番組が好きで
パペット、人の名前が面白くそこに出て来る
リリックという猫の名前をいただきました^^


2.もの作りやデザインをする上で、こだわっている事や大切にしている事はありますか?

自分が作りたいモノを作る。


3.蝶が飛び立つレターセットなど、遊び心のある作品をつくられていますが、
どういった時にアイディアが浮かぶのでしょうか?


蝶々は旅行先の美術館で蝶々だけが販売されていて少し手を加えてレターセットにしたいな。
と思いそこから制作し始めました。
これがもう少しこうだったらな。と思う時です。


4.今回、どのようなブースになる予定でしょうか?


春の色だけど軽くアンティークにしようかと思います。

5.ご来場のお客様に見てほしいポイントやメッセージがあればお願いします!

楽しみましょう!!


2017.04.17 Monday

[ArtMACHI Museum]参加者 神吉奈桜さん

【神吉奈桜】両日参加



イラストレーター・神吉奈桜のオリジナルグッズです。
すこしレトロで耽美な世界観をお楽しみください

作品内容:オリジナルイラストグッズ(直筆作品、ポストカード、ブローチ、Tシャツ等)
HP:http://s.ameblo.jp/sowsow
Twitter:yagurumasyouten
Facebook:神吉奈桜
instagram:@kankinao
------------------------------------------------------------------
1.様々なタッチのイラストを描かれている印象ですが、神吉さんのモノ創りにあたってのテーマなど教えてください。

どんなタッチのものでも、なにか「祈り」のようなものを感じていただけるといいなあ、と思っています。
ただかわいいだけじゃなくて、ただクールなだけじゃなくて・・・寂しさや懐かしさを内包している絵が描きたいです。


2.普段どのような活動をされているのですか?

大阪市大正区に『ギャラリー&ステイ人魚棟』をOPENしたのが1年前。
普段はそこをアトリエとして作家活動をしています。
築60年の文化住宅を改装した人魚棟では、イベント企画やイラスト教室、またそこでの暮らしを漫画にしたり・・・
人魚棟はレンタルスペースもあります。是非遊びに来てください!


3.コラージュセラピストとのことですが、どういったことをされているのでしょうか?

コラージュ(紙や布を切ったり貼ったりすること)での作品作りを体験していただきます。
絵が描けない方でも、わたしのイラストモチーフを用意していますので大丈夫。
簡単にどなたでも作品作りを楽しんでいただけますし、
頭がスッキリして、自分の思っていることが整理できるとご好評いただいています。


4.今回、どのような作品が並ぶ予定でしょうか?

◯猫や天使などわたしの定番モチーフを描いた時計
◯ちょっとした贈り物に最適なドリップパック珈琲
◯ポストカード
こんな感じです^^


5.ご来場の方へ一言お願いいたします。

こんにちは!イラストレーターをしています神吉奈桜です。
猫や天使のイラストグッズをご用意してお待ちしています。
お会いできるのを楽しみにしています^^


2017.04.17 Monday

[ArtMACHI Museum]参加者 su-coさん

【su-co】23日のみ参加

主に透明水彩絵具でちいさな絵を描いています。ほっこりいやされる作品づくりに日々励んでおります。

 

内容:小さな水彩画やその絵を使ったグッズ(ポストカード等)、木や粘土等で作った小さな雑貨
作家HP:https://su-coillustration.jimdo.com/
Twitter:@S2uc5O

------------------------------------------------------------------

1.su-coとして活動を始めたきっかけ教えてください。

 

小さい頃から絵を描くのが好きだったので、絵を描くことを仕事にしたいと思ったのがきっかけです。

 

2.色合いや絵の雰囲気にどこか懐かしさを感じます。どういったテーマやコンセプトで制作されているのでか?

 

淡い・渋い色合いのもの、ナチュラルテイストなもの、アンティークなものを主に絵のモチーフとして取り入れています。
見ていてほっこりいやされるような絵になるように、日々作品づくりに取り組んでいます。

 

3.雑貨や絵に描かれている人には口がありませんが、そこには何かこだわりがあるのでしょうか?

 

いつの間にか、顔に「点・点・棒」しか描かなくなっていたというのが正直なところです。
口がないことで無表情に見えたりもしますが、そこから見た方が「この人は何を思っているんだろうか」などと想像していただけたら嬉しいなと思っています。

 

4.今回、初の出展となりますが、どのような作品が並ぶ予定ですか?

 

水彩絵の具で描いたちいさなイラストや、その絵を使ったグッズを主に並べる予定です。
絵の雰囲気に合わせた雑貨も作ったりもしているので、それも一緒に並べようと思っています。

 

5.ご来場のお客様に見てほしいポイントやメッセージがあればお願いします!

 

小さな絵や雑貨でこじんまりとしていると思いますが、どうかよろしくお願いします。

 

 


2017.04.15 Saturday

[ArtMACHI Museum]参加者 ちぃぶっくさん

【ちぃぶっく】23日のみ参加



天使か妖精なのか。

ふわっとしたオリジナルキャラクターを主に描いています。

そんな世界観に寄り添うように夢あふれる世界でかき集めた豆本やボタンなど、

ちいさな宝物みたいなイメージの装身具も制作しています。

作品内容: 豆本/豆本アクセサリー/ちいさいボタン/イラスト小物+布小物とのコラボ等

HP:http://tii-book.net
Twitter:@tii_book
Facebook:Tii-book
instagram:@solzait
------------------------------------------------------------------

1.ものづくりを始めたきっかえを教えてください。

 

物心つく前から何かしら作ったり絵を描いたりしてました。折り紙で小さい家の模型を作ったり(三階建てにして内部に家具を置くとか)立体に編む感じのビーズ細工とか。小学生ぐらいからやってた気がするのできっかけは・・・ちょっと自分でも思い出せないです。

 

2.豆本や小さなボタンなど、とっても小さな作品をつくられていますが、なぜ小さいものを作ろうと思ったのですか?またサイズにはこだわりがあるのでしょうか?

 

イラストを描いていて、それを本にしたかったのですが、出版とか良くわからないので自分で本の形にすれば良いね!となりまして製本のまねごとを始めました。
ただ普通のサイズで作ると場所もとりますし、ちっちゃいほうが可愛いんじゃ無いかと思い始め、作ってると、もう少し小さくしたらどうなるかな?どう見えるかな?どんな材質だと自然に見えるのかな?とチャレンジしている間についついサイズが縮んでしまいまして、気がつくと豆本になってました。
どのぐらいの大きさが丁度良いとかのこだわりはあまりないような気がします。
小さければ小さいほど可愛いのでは!と。くしゃみしたら見失うサイズに到達してから我に返ってそっと引き返してます。(いや、引き返せてるのかな?)

 

3.ちいぶっくさんが思うミニチュア作品の魅力とは何でしょうか?

 

ちいさいものはかわいい・・・!
ちいさくてもちゃんと機能すればなおのこと素晴らしい!
形がそうであるだけで無く、構造を保ったまま小さくなってるミニチュアが理想的だと思ってます。
だから、豆本はページが開きますし、ボタンはちゃんと針で糸を通すことが出来るような穴を開けてあります。ひとつひとつ丁寧にピンバイスで・・・。

 

4.今回が初の出展となりますが、どういった作品が並ぶ予定ですか?

 

今回、直径約4mmのミニミニボタンを見つけて頂いたのでまずはそれをメインに。
ですがやはり絵も見て頂きたいので、自分で描いたイラストを収録した豆本や、普通にイラスト作品のグッズなどを用意するつもりです。(ハガキやシールなどの紙小物です。)
もちろん、豆本で作った豆本アクセサリーや、ミニミニボタンをアクセントに使用した布小物なども用意してもらっています!

 

5.ご来場のお客様に見てほしいポイントやメッセージがあればお願いします!

 

写真などで見るとわかりにくいスケール感を実際手にとって、小ささ、精緻さ、などを体感して頂きたいです。豆本は是非ページをめくりに来てください


2017.04.15 Saturday

[ArtMACHI Museum]参加者 キンピラと月さん

【キンピラと月】22日のみ参加




『キンピラと月』は、
気まぐれ絵描き「MiQui(ミキ)」と
アクセサリー作家「スミレの月」の
出展ユニットです。

それぞれの持ち味を活かして作品を作成。
季節に合わせた柔らかな風合いのものやクスッと笑ってしまうようなものがご覧いただけます。

内容:ビーズアクセサリー(ブローチ、ネックレス)や木製のような粘土のどうぶつブローチ、ポストカードなど。
作家HP: http://ameblo.jp/kinpira-to-tsuki
スミレの月http://ameblo.jp/sumirenotsuki MiQui  http://ameblo.jp/miqui-qb
Twitter:@knpr_to_tsk
Facebook:キンピラと
instagram:@miqui.qb_portfolio
  ------------------------------------------------------------------
1.キンピラと月として活動を始めたきっかけを教えてください。

全く別の作品を作る二人ですが、感覚が似ていることから数年前に二人でイベント出展したことがきっかけで活動を始めました。
笑いが絶えず、お互いの創作意欲を高め合えることから「これからも二人で出展したいですね♪」と、
イベント帰りに今後の打ち合わせとユニット名を決めた。笑
「キンピラと月」は、邦画のタイトルの様で一度聞いたら忘れないかも!と、つけました。


2.二人組のユニットとの事ですが、作品はどのように制作されているのですか?
それぞれ役割分担などがあるのでしょうか?

ほとんどの作品はそれぞれのものですが、色やテーマなどを共通にして統一感を出しています。
数は少ないですが共同制作の作品は、絵をMiQui(ミキ)が、装飾をスミレの月が担当しています。


3.ユニットならではの見どころや、作品のコンセプトがあれば教えてください。

一粒で二度おいしい!が、ユニットならではのみどころです。
柔らかな色合い、可愛らしいアイテムの中にも時々かいまみえる
「シュール」加減を大切にしています。


4. 二人で今後作ってみたい作品や、挑戦したい事はありますか?

二人の作品の特性を活かして、ストーリーと絡めた作品展をしたいです。


5.お客様へ一言メッセージをお願いいたします。

ブースの前で思わず二度見して立ち止まって頂けるような、
シュール可愛さをお伝えできたらと思います。
お気に入りを見つけていただけるとうれしいです♪
みなさんのお越しをお待ちしています。
保存保存

2017.04.14 Friday

 黒ねこ意匠さん〜原画入札会〜のお知らせです

ArtMACHI Museumにて、今回メインビジュアルを担当してくださった
黒ねこ意匠さんの原画入札会を開催する事が決定いたしました!
2日に分けて、チケットの原画とポスターの原画の出品です☆

ルール
入札受付時間内にご希望の入札金額を書いた紙を提出していただき、
受付終了時点で最高額を書かれた方が落札となります。
----------------------------------------------------
日時:2017年4月22日(土)、23日(日)
入札受付:11:00-16:00
落札者発表:16:30〜
場所:梅田スカイビル タワーイースト5F
ファンファンプラザ
入札場所:受付にて
※入札された方は、その場でお支払下さい
----------------------------------------------------
【22日(土)】チケット原画 ※A3サイズ/パネル張り



【23日(日)】ポスター原画 ※A3サイズ/保護用の額付き


普段、滅多に出さない黒ねこ意匠さんの原画。
あなたの希望する値段で原画を手にする事ができるかもしれません...!

当日は展示もしていますので、原画ならではの質感を是非ご覧下さい。


2017.04.14 Friday

[ArtMACHI Museum]参加者 SANAE TAIRA miniature clay flowerさん

【SANAE TAIRA miniature clay flower】両日参加






粘土で小さなフラワーアレンジを制作しています。
美しく繊細なミニチュアフラワーの世界をお楽しみください。

作品内容: ミニチュアクレイフラワー
Twitter:@santara_mcf
Facebook:Sanae Taira miniature clay flower
instagram:@miniature_clay_flower
------------------------------------------------------------------
1.ミニチュアの作品を作り始めたきっかけを教えて下さい。

誰にも作れないものを作りたいと色々模索していたらここにたどり着いてしまいました。


2.作品を初めて拝見したときには、「すごい」という言葉しか出ませんでした。
どれをとっても大変だと思うのですが、一番大変だなと思うことを教えて下さい。


イメージした通りの色味を出すこと。
大きな固まりの粘土で見たときの色味と、薄く小さくした時の花びらの色は全然違うし、
隣にくるパーツの色によっても見え方がちがうので、
少しずつ針の先くらいの量の絵の具を足しながら微調整して自分の表現したい色に近づけていきます。


3.作品を作る上で、気をつけていること、こだわりなど教えて下さい。

技術を見せるのではなく、表現力を魅せる作品を作りたいと思っています。


4.こんなふうに作品を楽しんでいただけたらというのを1つだけご紹介ください。

肉眼では見えないような細かい部分まで丁寧に作っています。
是非虫眼鏡でゆっくり眺めていただけると嬉しいです。


5.ご来場のお客様に一言お願いいたします。

色とりどりの小さな世界をお楽しみください。
皆様にお会いできるのを楽しみにしております。

保存保存


2017.04.13 Thursday

[ArtMACHI Museum]参加者 Dispatch Base - 104さん

【Dispatch Base - 104】両日参加



 

福岡を拠点に活動しています。
造形作家 田代雄一 と miyazonoyukari によるコラボユニットです。
Dispatch Base =  情報発信基地 104 = アトリエの部屋番号
独自のかわいいとかっこいいを追求した二人の今を発信中!
当日は、木彫作品・アクセサリー・人形等を沢山並べる予定です。
是非、遊びに来て下さい!

内容:木彫 ・ アクセサリー ・ 人形
HP:yuichitashiro.com
Facebook:tounoharubase.yuichitashiro
Twitter:@yuichitashiro  /  @miyazonoyukari
instagram:@jediosuichi7  /  @miyazonoyukari
----------------------------------------------------------
1.造形作家として活動されている田代さんへ質問です。
今にも動き出してショーが始まりそうな動物たちの作品がとても印象的でした。
作品をつくるうえで大切にしている世界観を教えてください。

物語性です。作品を通して広がるイメージや物語というものを大切にし、
自分の今を作品に取り入れ発信・制作しています。


2.アクセサリー作家miyazonoさんに質問です。
とても細かなところまで丁寧作られている印象を受けました。
どういったコンセプトでもの作りをされているのですか?

身に着けてる方が楽しくなる様な物語性のあるものを意識して制作しています。


3.コラボでの参加となりますが、コラボならではの世界観や見どころを教えてください!

私達なりのかわいいやかっこいいを提供できればと思っています。
細かな手作業によるオリジナル作品を是非、手に取って見て頂きたいです。


4.今回初の出展となりますが、どのようなブースになる予定でしょうか?

正直、まだ悩んでますが二人のcollarを出せたらと考えています。


5.お客様へ伝えたいこと、知ってほしいこだわりなどがありましたら教えてください。

田代 雄一 miyazono yukari によるコラボユニット
Dispatch Base - 104  としては大阪初参加になります。
私達がこだわりながら作った作品を是非見に来て下さい!


2017.04.12 Wednesday

[ArtMACHI Museum]参加者 Lyhicaさん

【Lyhica】22日のみ参加





「無意識、自然」を意識し、それをクラフト/アクセサリーに取り入れています。
どうぞ、よろしくお願い致します。

内容:絵画
HP:http://lyhica.com
Twitter:@clockwork_fate
Facebook:河端 洋史
instagram:@lyhica_com
  ------------------------------------------------------------------
1.モノと作りをする際に、こだわっている事を教えてください。

お客様とのコミュニケーション、
例えば販売の際にどういった反応をされるかや、生活の中での機能を第一義に考えながら、
自分の技量/発想との接点を追いかけて形にしていきます。
きっちりデザインする場合もありますが、実験中に生み出された突飛な造形をそのまま使い、
お客様に提案してみることも作家ならではの重要な仕事であると考えています。


2.ガラスというと透明なものを想像してしまうのですが、色のついたワイングラスなどは、
どういった技法でどのように作られているのですか?


作家が用いるガラスには大きく分けて3種類あり、そのそれぞれによって有効な色使いは異なります。
私の場合、吹きガラス(グラス,ワイングラス)に関しては、色ガラスの粉を頻繁に使用します。
一方、ペンダントや耐熱グラス、耐熱ワイングラス等のボロシリケイトガラスに関しては、
色ガラスの棒のほか、金や銀を高温で気化させてガラス表面に付着させる、
フューミングという方法をよく使います。


3.様々なものを作られていますが、コンセプトやテーマなど教えてください。

機械生産では、制作することが出来ない、
自然な造形を意識して創作しています。


4.今回、どのような作品が並ぶ予定でしょうか?

プロダクトデザインのシャープなラインではない、
少しぽってりしたカタチの製作物をご用意致します。


5.ご来場の方へ一言お願いいたします。

一期一会、お会いすることができましたら、それがご縁です。
梅田の一部屋の空間を一緒に楽しめたらと思います。   


2017.04.12 Wednesday

[ArtMACHI Museum]参加者 津城野葉太さん

【津城野葉太】両日参加





レトロフューチャーな世界観と、
そこに棲む車掌少年や駅員少女たちが活躍する作品を鉛筆画により描いています。

内容:鉛筆画 ポストカード 画集 その他グッズ類
作家HP: http://iqra.jakou.com
Twitter: @yota_tsukino
Facebook: 津城野葉太
instagram:@instagram
  ------------------------------------------------------------------
1.少し懐かしい雰囲気の作品ですが、こんな世界を描きたい、設定そのようなものがあるのでしょうか?
 
昭和の日本の街並みをモチーフとしていますが、あくまでファンタジーという扱いをとっています。
ファンタジーなので、現実の時間軸と一致させる必要がないので、
"過去"だけではなくあの時代が夢描いた"未来"も描いています。
 

2.その世界のどのようなところが気に入っているのでしょうか?
 
「車掌少年」や「駅員少女」といったキャラクターがいて、
その子たちをその世界で色々させたり遊ばせたりするのが一番好きです。
 
 
3.細かく描かれた作品ですが、制作時間はどのぐらいかかりますか?
 
B1(100cmm x 70cmくらい)の大きさで大体1カ月半、A4サイズで3日くらいかけて描いています。
 
 
4.今、挑戦していることや今後やってみたいことはありますか?
 
いままで、街並みや建物の外観を中心に描いてきましたので、
こんどは、屋根や壁を取り払って中身が見えるようにしたドールハウスのような作品を描いていこうと思います。
1.のオリジナルの世界観によるものに加え、

 

実際にある建物を取材して絵にするノンフィクション作品を展開することを考えています。
 

5.会場に来られる方にどんな作品が並ぶのか、どんなブースになるのか少しだけご紹介ください。
 
今まで書いてきた作品に加え、4.のシリーズの作品も展示していきたいと思います。
画集やポストカード等のグッズも販売予定です。
ご高覧いただけると幸いです。


<< | 2/29PAGES | >>