2017.02.06 Monday

[ArtMACHI Museum]参加者紹介 黒ねこ意匠さん

さて、早速、参加者のご紹介です。
今回は、もっとアーティストさんや作家さんを知っていただくために、
皆さんに色々とご質問をなげかけてみました。
アーティストさんやクリエイターさんのこだわりをもっと知っていただけたらなと思います。

早速、今回メインビジュアルを作ってくださいました黒ねこ意匠さんから☆
----------------------------------------------------------------
【黒ねこ意匠】両日参加





名古屋を中心に、黒ねこの絵本や雑貨を企画・制作している2人組です。
黒ねこのロビンちゃんが主人公の絵本と、 主に紙もの雑貨などなどを商っております。
絵本は、アプリでもお読みいただけます。(iOS・Android両対応)

作品内容:黒ねこをモチーフとした主に紙製の雑貨
作家HP:http://kuroneko-design.com/top.html
Twitter:@kuroneko_robin
Facebook:黒ねこ意匠

------------------------------------------------------------------
1.黒ねこのロビンちゃんの絵本から、様々なグッツ展開するにあたってこだわっていることはどんなことですか?

生意気かもしれませんが、絵本をはじめ、
どの商品も買ってくださった人たちに長く寄り添えるような、
飽きが来ないモノづくりを目指しています。

2.新作を作るとき、どのように制作されるのでしょうか?

その時その時で違いますが、基本は作るものを先にきめてイラストを描く事が多いです。

3.いつもモノ作りを楽しみながらされている印象です。楽しくモノ作りを続けていく秘訣は何ですか?

他の方の好みは分からないので、少なくとも自分が欲しいと思えるモノを作るように心がけています。

4.今回、ArtMACHI Museumのメインビジュアルを作っていただきましたが、
 どのような想いで作っていただけたのでしょうか?

あくまで何となくなのですが、今回のメインビジュアルは「白夜のカーニバル」というテーマで描きました。
現実と幻想のあわいでずっと続く「ArtMACHI Museum」というカーニバルに、
来場者の皆さんも参加していただけたら…という想いで制作しました

5.会場に来られるお客様に見てほしい!と思う所を教えてください。

毎回とてもクオリティーの高い作家さんばかりですので、
作品をじっくりと吟味しつつ、
何よりもそれらを作った作家さんとの時間を楽しんでいただきたいです。

------------------------------------------------------------------
猫のツンとした表情、
気分屋な性格
気持ちを意外と表現する体のライン

そんなところから猫を飼っているかたでしたらきっと分かる
猫への愛情が伝わってきます。
また、物語と共に、このスタイリッシュなデザインは黒ねこ意匠さんならではのものです。

そして、質感、色、印刷方法などとてもこだわっています。
ぜひそれを手に取って感じてほしいです。


コメント
コメントする