2018.04.04 Wednesday

[ArtMACHI Museum]参加者 こばやしまみさん

【こばやしまみ】21日参加


 

オモシロ愉快な陶器の作品です。
「そこに居る感じ」で作ってます。

作品内容: 陶芸(食器・雑貨)
作家HP: http://hitsujikau.exblog.jp
Twitter:@2012Madpotter
Fasebook:https://www.facebook.com/mami.kobayashi.1614

instagram ID:madpottermadpotter


------------------------------------------------------------------------

1.今は個性的でユニークな作品を作られている小林さんですが、
最初に作り始めた作品はどのようなものでしたか?
(今の雰囲気と異なる場合)今の作風になるまでに影響を受けたものとはなんですか?

 

最初の頃は4本足の羊ばっかり作ってまして、実は羊が作りたいために陶芸家になったみたいなものです。
粘土や技法を変えてなんども挑戦して満足のいく羊ができた・・・・・とたんに羊つくりはやめました。
飽きたんだと思います。B型の特徴ですね。
とことん突き詰めて、平気で放り出す(笑)←ってわろてる場合かいっ!
今は全然違う技法で作ってますが、いろんなクリエイターさんたちの影響を受けてると思います。
有名どころではクリムト、岡本太郎さんとか草間彌生さんが好きです。

 

 

2.作家活動を通して、印象的な出来事や出会い、
面白い体験や不思議な体験などはありましたか?

 

この狭くて静かな空間で、孤独とロクロに向かい合う、それが作家人生・・・・と決心して陶芸道に入ったのですが、
思いのほか面白く、サッリーマン新時代よりずっと友達が増えました。全然孤独じゃないです(≧◇≦)
最近では「会いたいな〜、好きだな〜」と思ってた人と偶然に出会えることが多くて、これはキタな・・・と思ってます(何が?)

 


3.これまで数々のユニークな作品を生み出してこられていますが、
完成してから気づいた面白い失敗作や、これは我ながら大成功!という作品はありますか?

 

焼きあがったらひと窯全部失敗とか、乾燥不足で大爆発とかあります。
そういう時はすぐにBlogに書いて笑い話にして、次の作品に取り掛かります。
最近「皿マンガ」というのを思いついて(お皿の絵にストーリーがある)これは・・・・平成の鳥獣戯画・・・・
と我ながらの傑作の予感に震える思いだったのですが、出来上がってみると大したことなくてガッカリしました。
まあ、皿マンガは今後も突きつめていきたいです。

 


4.今、密かに作ってみたいものや作品のモデルにしたいもの、
また、挑戦したいと思っていることはありますか?

 

陶芸では、相撲モチーフで「空飛ぶおすもうさん」というのを思いついてて早く作りたいです。
そして国技館に奉納・・・・(いらんから     by    八角理事長@日本相撲協会)
それと鏡餅を極めたい。
陶芸以外では絵を描きたいです。あとバッグを作りたい。
それからそれから・・・・・したいことがいっぱいですっ!

 

 

5.今回イチオシの作品や、新作などがありましたら、是非ご紹介してください。

 

おちゃわんこです。
おちゃわんこは私が工房立ち上げてからずーっと作り続けていて、ずーっと進化していってるのです。
最近しみじみ「完成に近づいた」と思えるようになりました。
持ちやすさ、使い勝手、そしてかわいさ、面白さ。
「私のお茶碗って犬やから『おちゃわんこ』やねん」と思って使うと毎日笑える。
毎日笑えるおちゃわんってスゴイよねっ!!←自画自賛


ぜひ会場で1個1個ジロジロみていってほしいです。

 

 

6.来場者の皆様に見ていただきたいポイントや、
知ってほしいこだわりポイントなどがあれば教えてください!

 

いつも見に来ていただいてありがとうございます。
作品をディスプレイしている棚の陰で待ち構え「わぁ〜!かわいい〜(笑)」と近づいてくる笑顔からパワーを吸収しています。
って、なんか妖怪みたいですが。
ArtMACHIでお会いしましょう〜♪

----------------------------------------------------------------

ワークショップをご紹介します☆

■こばやしまみさん「豆皿つくろう!箸置きもOK!お渡しは来月です。」

2018年4月21日(土) ※随時受付

陶器のお皿や箸置きを作ります。
粘土の絵具でカラフルな絵付けを楽しんでね。

 

所要時間:頑張れば30分ぐらい
定員:3席(席が空き次第随時受付です)

参加費:1,000円 (粘土150g)
◎翌月以降に ranbu に出来上がり作品を取りに来られる方。
郵送はプラス500円


コメント
コメントする