2018.03.28 Wednesday

[ArtMACHI Museum]参加者 fufuさん

【fufu】21日参加





押し花やドライ・プリザーブドフラワーなど、植物を素材としたアクセサリーを制作しています。
自然のままの少しいびつな形や色の違い、褪せていく様子も、植物の生きた証でありストーリー。
本物の植物ならではの魅力を感じていただけたら嬉しいです。

作品内容: 植物アクセサリー
HP:https://atelierfufu.amebaownd.com
instagram:@fufu_pressedplants
------------------------------------------------------------------
1.植物のアクセサリーを作られていますが、どのようにして作られているのか簡単にで結構ですので教えてください。

押し花やプリザーブドフラワーを樹脂に閉じ込めたり、何度も塗り重ね制作しています。
押し花は、鮮やかな色を残したまま美しく仕上げる技術を学び、自宅で押したものを主に使用しています。
 

2.作品を創るうえで気をつけている事やこだわりを教えてください。

ひとつひとつ異なる形や色味・質感の変化も、植物の個性であり、
人の手では作ることのできない美しさをもっています。

異質なものを組み合わせながらも、植物ならではの魅力を感じられるように、
押し花は自然のままの色で、
プリザーブドフラワーは、樹脂特有の不自然な艶を消しマットな質感に仕上げています。
また、パーツや模様の一部としてではなく、植物そのものを身に着けるように、
流行りのデザインよりも、極力少ないパーツで植物それぞれに合った工程を考えデザインしています。


3.お花の作品を創りはじめたきっかけはどんなことですか?

押し花アーティスト・杉野宣雄氏の作品を目にし、資格取得を決めたことがきっかけです。
長期間色褪せない押し花密封額等の技術を学び、
その過程で少しだけ触れたアクセサリー・雑貨への加工に興味を惹かれ、独学で掘り下げてきました。


4.今回出店予定の作品を、少し教えてください。

押し花と苔、押し花と美濃焼タイル、紫陽花を素材とした、
耳飾りやブローチなどを展示受注させていただきます。


5.ご来場のお客様にメッセージをお願いいたします。

写真ではお伝えできない質感や繊細さ、植物ならではの個性を、
手に取って感じていただけたら嬉しく思います。


コメント
コメントする