【マイネロセイカ】両日参加



セイカ≒製菓
お菓子だけどお菓子じゃない
私の空想の中のお菓子を、ひとつひとつ丁寧に再現したフェイクスイーツです。


作品内容: 大人の女性・男性のためのフェイクスイーツアクセサリー、雑貨
HP:http://mainerochoco.info
Twitter:@mainerochoco

Facebook:mainerochoco
instagram:@mainerochoco
------------------------------------------------------------------
 

フェイクチョコの作品を作られていますが、こだわりやチョコ愛などをお願いします!

「食べ物を飾る」ということ。
それはただ生きることを考えれば、無駄なことかもしれません。
しかし、美しさを求め、より豊かに生きる、人間らしさがそこにあります。

中でもチョコレートは、形や色、質感など、変幻自在にその姿を変え、人々に幸せを運んでくれる存在です。
私はチョコレートを芸術の象徴と考え、造形することでその存在に少しでも迫りたいと思っています。


見ているだけで幸せになるチョコレートですが、制作する中で一番幸せを感じるのはどんな時ですか?

出来上がってきたボンボンショコラがずらりと並んでいる時、とても幸せを感じます。
同じものが整列しているだけでも好きなんですが、作ったなあ〜!と気持ちに浸れて最高の気分です。


昨年までマイネロチョコレートファクトリーというお名前で活動されていましたが、
新たにマイネロセイカというお名前に変更されたのは、どういった経緯からなのでしょうか?


作家活動の始まりが、本物のチョコレートを使って造形をすることだったのですが
その頃に半ば洒落で付けたのが、マイネロチョコレートファクトリーという屋号でした。
活動内容が本物のチョコレートの作品から、フェイクでの造形に移り変わりつつある中で
自分がお菓子に感じるフェティシズムのようなものを表現したいと思うようになりました。
お菓子だけどお菓子じゃないものを作る、製菓≒セイカという意味を込めて新しい屋号に「マイネロセイカ」と付けました。

 


雑貨のイベントからアート展示まで色々と活動をされていますが、今後挑戦してみたいことなどはどんなことですか?

 

フェイクスイーツのブッフェをしてみたいとずっと思っています!
個展のような形でできないか考えていますが、ものすごい物量が必要になるので、なかなか道のりは遠そうです。

 


今回、どのような作品が並ぶ予定でしょうか?

前回は初参加で、りんご飴のアクセサリーが中心だったのですが
今回はチョコレートトリュフのシリーズもたくさんできましたので、並べる予定です。



来場される方へここ見てくださいというポイントを教えてください


質感フェチなので、1僂箸いΕ汽ぅ困涼罎任箸砲くお菓子の質感を再現することに注力しています。
ぜひお手に取って隅々まで、質感チェックをしてみてください!