【JewelryStudioShima】両日参加



「JewelryStudio Shima」が提案するジュエリー/アクセサリーは、主にデジタルクラフト・3Dプリンターによって造形させた製品を使用したオリジナル作品です。
様々な形の造形品を、1つ1つ手作業により染色したアクセサリーを制作・販売いたしております。
「日常生活の中で、気軽に身に着けられる・楽しんで身に着けることができるジュエリー/アクセサリー」
これが、JewelryStudioShimaが目指すデザインです。
特にナイロンプラスティック製のアクセサリーは非常に軽く、皆様に良いご評価を頂いております。

作品内容: 3Dプリントによるアクセサリー
HP:http://jewelryshima.com
Twitter:@jewelryshima
Facebook:jewelry studio shima (by nami funakoshi)
instagram:@jewelrystudioshima_by_nami
------------------------------------------------------------------
 

ユニークな形のアクセサリーを作られていますが、どのようなことをテーマにつくられていますか?

テーマは2つあります。
1つは
「今までにない、新しい感覚のアクセサリー・ジュエリーを提案していくこと」。
そして同時に、
「シンプルな普段着の服やお手持ちのおしゃれ着に合わせて、コーディネートを楽しめるようなデザインを追求すること」
です。

ユニークなものは人目を惹きやすいですが、身に着ける「人」があくまで主役。
使いやすく、自身を惹き立てて、なおかつ楽しい気分を味わえるものを作る・・・
これが、制作するうえで常に心に留めているテーマです。


3Dプリントで作られているとのことですが、まだまだ馴染みが無い方が多いと思います。
どのようにして作られ、どのような特性があるのか教えていただけますか


3Dプリンターを使用して作る3Dプリントですが、ざっくり説明すると、
コンピュータ上でつくった原型の設計図をもとに、立体物を造形すること、あるいは造形したものが3Dプリントです。
このコンピュータ上でCADを使って描かれる設計図をデータと呼びますが、私はこのデータを一からオリジナルで作ります。
できたデータを、3Dプリンターで造形することにより、常に同じ立体物が、欲しい個数だけ作られることができます。
造形される材質も、貴金属・樹脂・プラスティック・陶器など、様々です。

一見、大量生産のようにも聞こえますし、事実そういう面がありますが、
実はこのデータをオリジナルで作成するのに非常に労力がかかります。
設計の仕方に完全なマニュアルは存在しません。みんな試行錯誤して技能を身につけます。
その代わりといってはなんですが、できあがる形は完全にオリジナルで、マネのできない、
時には新しいものを生み出す可能性を秘めています。
これが、クリエイターを引き付ける大きな魅力だと思います。


1つの作品を作るのにどれぐらいの時間がかかるのですか?

パーツ(形)の3Dのデータを作るのには、とても時間がかかっています。

ソフトウェアを使っての、立体のデータ設計は1日もあれば十分なのですが、
デザインを一からオリジナルで考えますので、
気に入らなければ何時間かけた作品でも、造形(3Dプリント機械)に出さずに何年も寝かせておく場合もあります。

3Dプリントの造形を頼んで、できあがってきても、気に入らなければ何度もデータ(設計)を作り直します。
かと思えば、数時間で何気なく作ったものもあります。

最終的に造形された立体を、手作業で染色しますが、これは気の抜けない一瞬の短時間勝負です。

 

 

3Dプリントとの出会いや、3Dプリントでアクセサリー作りを始めたきっかけを教えてください

 

もともとはNYでジュエリー学科を卒業後、そのまま工房に就職し、

ダイヤモンドをジュエリーにセットする職人として働いていました。
当時から、ジュエリー業界ではCADソフトを利用してジュエリー原型を3Dプリントで製作する動きが進んできていましたので、
貴金属ジュエリーの原型を作るCADを学びはじめました。
その後、高額になりがちな貴金属ジュエリーだけではなく、

3Dプリントでは様々な素材がアクセサリーとして使用できることを知り
より気軽にお買い求めいただけるポリアミド素材の3Dプリントアクセサリーを作ることに夢中になりました。

 

 

新作の情報や、今後3Dプリントで挑戦中または挑戦してみたいもの等はありますか?

 

3Dプリントのアクセサリーを製作するようになって2年ほどになりますが、

「とても軽い素材なのが良い」というお声をたくさん頂いております。
ので、この特性を生かしたブローチやピアスの種類を増やしております。

また、ピアスだけでなくイヤリングも準備する予定です。

また、今後は少しずつではありますが、専門の貴金属を使ったジュエリーなども作っていけたらなと思っています。

 

 

AMM2019への意気込みや、ご来場のお客様にメッセージをお願いします!

 

毎年、とてもステキな作家さんの作品がたくさん拝見できる楽しみなイベントです。
特に大阪では、ArtMachiさんのAMM2019が2019年最初のJewelryStudioSHimaの出展イベントになる予定です。
毎年、他のすばらしい作家の方々が出展され、目の肥えたセンスの良いお客様ばかり来場される、すばらしい空間です。
皆様とのステキな出会いを楽しみに、制作をがんばります!よろしくお願いします。