2018.03.29 Thursday

[ArtMACHI Museum]参加者 millepocheさん

【millepoche】両日参加




哲学的アートアクセサリー」と銘打ち、“個”として生きることや、シュールレアリスム的表現など、
哲学的なテーマをアクセサリーという媒体を使って表現しています。

作品内容: アクセサリー
HP:http://millepoche.com
Twitter:@millepoche
Facebook:Millepoche
instagram:@millepoche
------------------------------------------------------------------
1.ブランドコンセプトを教えてください。

一言で言うならば、「『不条理』に相対するアクセサリー」を作ることです。
これは、説明すると、ものすごく長くなるので、またHPにでもまとめる準備をしているのですが・・・
 愽埔鰺』な世界観を、「アート」として、アクセサリーを作ることで、表現すること
△修鵑弊こΔ如◆崔にも似ていないたった一人の個性」として、輝くためのアクセサリーを作ること
そんな世界から抜け出し、「非日常」と「日常」の間で遊ぶような、「自分を着替
えるアクセサリー」を作ること
「天体観測」や「ダークアリス」シリーズは、,痢屮◆璽函弖呂如普段のカラフルな一点モノは△痢峺朕諭弖蓮△修靴
以前、ranbuさんで個展をさせていただいた「5 Girls」シリーズや、「着物」系、
いつかやりたいと思っている「ゴスロリ」系はの「変身」系に分類されます。

詳しい説明をお聞きになりたい方は、AMMにて、どうぞご質問ください!


2.作品を作るうえで大切にしていること、こだわっていることを教えてください。

「『自分』と『作品』と『お客様』に、嘘をつかないこと」です。
「ここは、もっとこうだったらいいのにな」とか「こうやったら、もっと良くなるか
も」と思ったら
現実的な条件が許す限り、とことんまで、向き合うようにしています。
お客様に対しても、「この方が、使いやすいだろうな」とか「こうなったら困るか
な」と思ったら修正したり、対策を考えたりします。

ただ、表現上「こうしたい!」と「使いにくいかも」が、ぶつかることはよくあっ
て・・・。
そういうときは、「こうしたい!」を実現させつつ、なんとか実用に耐えうるように
持っていけるよう、頭を悩ましています 笑


3.カラフルな作品が多い印象ですが、いつもどのように色を選定されていらっしゃるのでしょうか?

色は、ほぼ勝手に決まるという感じです。
ここだけの話、私は、人やものごとの印象から始まって、数字や文字まで、ほぼすべ
てのもののイメージを、「色」に変換して捉えています。
例えば、数字「6」は群青色、ひらがなの「ま」はピンクです。

というわけで、作曲家が、何かを表現するために「音」を使っているように、私は
「色」を使っているという感じで、とても感覚的なんです。
たぶん、作曲家さんも、「音」を「選んでいる」という感覚ではなくて、自分の中に
あるものを「音」という形で表現しているだけで、おそらく、とても「自然な」行為
なんだと思います。
私も、「色」で表現するのは、自分にとって、とても「自然な」ことなんです。


4.いつもお客様のご要望に全力で答えているmillepocheさんですが、
今まででモノ創りをしていて一番嬉しかった出来事はどんな事ですか?


お客様がmillepocheの作品を愛用している姿を見たとき・・・
も、もちろんそうなのですが
 それ以外だと、とても難解な想いを込めて作った作品なのに
言葉なしで、想いが伝わったことでしょうか。
鳥肌が立ちました☆


5.今回、どのような作品が並ぶ予定ですか?

活動休止前最後の出店なので、今までに制作したもので、在庫のあるものは
できるかぎり持って行きたいと考えています。


6.会場に来られるお客様に一言お願いいたします。

このイベントで活動休止いたしますので、どうぞご覧いただければ幸いです!


コメント
コメントする