【明星堂】両日参加




綿毛を電球に閉じ込めた標本や、アンティークプレパラートを模したチャームなど、
博物趣味の雑貨を作っています。

作品内容:タンポポの綿毛のドライを電球などに詰めたオブジェ、

蝶や蛾をモチーフとした栞やメモ帳、アンティークプレパラート風の卓上標本など。
Twitter: @sukasijyanome
------------------------------------------------------------------
 

明星堂として活動していくきっかけはなんだったのですか?

発表するしないに関わらず、いつも気の向くまま何かを作っているのですが、
「電球に綿毛を入れたい」と思い立ち、数年ほど試行錯誤を繰り返していました。

やっと形にできた頃から失敗作や完成品が狭い部屋の場所を取り、家族から「量を減らして欲しい」と。

周囲にはなかなか理解してもらえない趣味も、
外に出たら綿毛のドライフラワーが好きな方と出会えるのではないかと思い、
気になっていた博物系のイベントに申し込みました。

その時に名前が必要となり、参加も一度だけだろうから今までつけたことのないような
綺麗な名前をと欲張った結果『明星堂』と決めました。
今では博物寄りのヴンダー嗜好の雑貨を作ってイベントなどに参加しております。


電球の中に綿毛を入れたり、プレパラートをモチーフにされたり独特な作品を作られていますが、どのような時にアイディアが生まれるのですか?

基本的にはいつも一人で、鉱物標本や植物の種などを集めて飾って楽しんでいるのですが、
ふと湧く「このときめきを誰かと共有したい」気持ちが、形になって外に出ているのだと思います。
「創り出している」よりも自然の中に存在する美しい形態を「借りている」気持ちが強いです。
作りたいものばかり浮かんで手が追いつかない状況です。

 

 

明星堂さんが惹かれる植物や生命の美しさはどういったものですか?

 

きっと、全て美しいものなのではないかと思うのです。

対象に興味が向き、何かに気付けた時に、私は小さな発見を「美しい」と感じているのかもしれません。

発見を繰り返すことは宝物に出会えたような喜びがあります。

 

 

作品制作する上でのこだわりがあれば教えてください。

こだわりという程でもないのですが、
「これ好き」「いいねこれ好き」という
シンプルなやり取りの中に入れていただけるものを作りたいと思っています。

 

今回どのような作品が登場する予定でしょうか?

 

今回は年末から力を入れている「プレパラートタイプ標本」を沢山お持ちします。

様々な自然の欠片などを入れた、アンティークの紙巻きプレパラートを模した作品です。

金色のプリントも手作業で、落ち着いた質感にこだわりました。

 


お客様へ伝えたいメッセージ、見てほしいポイント等があれば教えてください!

特にプレパラートタイプ標本は中身の種類も個体差もあります。

小さな標本をお手元で並べて、じっくり楽しんでいただきたいです。