2018.03.28 Wednesday

[ArtMACHI Museum]参加者 necosmoさん

【necosmo】両日参加

ミステリアスな猫たちの愛らしい表情を魅せる はまだの作品と、
意識の底に眠る記憶を描き出す湯汲の作品。

作品内容:イラストレーション、アクセサリー、雑貨

【湯汲凛子】

HP:https://minne.com/rinko2028/profile
Twitter:@rin_2028
Facebook:RiNko Yukumi

【はまだあいこ】



HP:http://atoitoko.wixsite.com/mysite
Facebook:はまだあいこ
------------------------------------------------------------------
1.今回お二人での出展ですが、それぞれの作品のコンセプトやテーマを少し詳しく教えてください。

(湯汲)
宇宙と深海をモチーフに深層意識を視覚化した作品をクレヨンスクラッチという技法で表現しています。
どこか心に響くような沁みるような、忘れてしまった何かを思い出させるような、
何かのはじまりを思い起こさせるような、そんな作品を創っています。

(はまだ)
好きなものは猫とメガネ。それを見た人が可愛い!と共有してもらえる、癒しを感じてもらえる、そんな猫作品を作っています。

 

 

 

2.お二人とも様々な作品を作られていますが、モノ創りの楽しさはどういったところにありますか?

(湯汲)
自分の頭の中にあったものが見える形になって
それが誰かの元に届いて、その方の生活を華やかにできるという経験は
モノ創りとしての楽しさであり、特別なものだと感じています。

(はまだ)
発表の場で新たな人との出会いがあること。
その人と話をしていたら、少し自分に自信が持てるようになることです。


3.今回お二人での出展ですが、どのようなブースになる予定でしょうか?

「necosmo」という名前の通り猫(neco)と宇宙(cosmo)な世界を表現します。
猫の目は宇宙のようにキレイで黒目は月の満ち欠けのように変化します。
どちらも癒される存在なので、ブースに来てくださった方を癒せるようなブース作りを心掛けています。


4.ご来場の皆様に一言お願いします☆


(湯汲)
猫の何かを見透かすような不思議な存在と計り知れない宇宙と深海の不思議さで
皆さんの心に何か響くものがあれば嬉しく思います。

(はまだ)
大きくて届かないような存在”宇宙(コスモ)”と、身近に触れ合える生き物”猫(ネコ)”。
二つが合わさった時、作り手の楽しさが伝わればとても嬉しいです。

 

 

 


コメント
コメントする