2017.03.05 Sunday

[ArtMACHI Museum]参加者 Katsu.AOEさん

【katsu.AOE】両日参加



五感で感じるイメージや光景を、抽象と具象が織りなす心象風景に変えて作品にします。

アクリル、オイル、メディウムを重ね、そして削り出し磨く混合技法による絵画です。

作品内容: 絵画
Facebook:blaukatze.katsuaoe
------------------------------------------------------------------

 

1.静物画や、動物、幾何学的な作品と様々な作品を生み出す青江さんですが、作品を生み出すまでを教えてください。

 

Heart-Scape です。

言葉から受けるイメージ、何かを見た時に感じるイメージ、全てを心象風景に変換してしまいます。

 

 

2.がらっと作風が変わる印象なのですが、どんなタイミングなのでしょうか?

 

私の欠点がもたらす結果かな?

美術芸術系の学校出身ではないので基礎がない。

 

コンプレックスでもあるんですけど、だからこそ自由だなと感じます。

描きたいモノを描きたいように描く。

 

実はこれ、それでいいんじゃないかと思わせてくれた方が「ピカソの画風がバラバラで自由であった」と語ってくださったから自分もそれでいいんだと思えるようになりました。

それにその方が

「技術は後から付けることはできるけど、センスはそうはいかない。あなたにはセンスがある。」

と言ってくださったことが自信に繋がって、悩むたびに思い出して

「私は私でいいんだ。」と思いながら描いています。

 

 

3.今夏、アトリエ兼、ギャラリーをOPENさせる予定だと伺いましたが、詳細を決まっている限りで結構ですので教えてください。

 

2017年7月7日「Gallery Blau Katze」をオープンします。

 

初展示会は皆さまにご紹介の意味を込めて「Katsu.AOE」の個展をさせていただきます。

オープニングに華を添えて下さるのは昨年国の重要文化財特別展示会で音源を使わせていただいたKenKoba (住吉健太郎氏と小場真由美氏のユニット)です。

7月9日、生演奏してくださいます。

とても素敵なギターとピアノのKenKobaサウンドとKatsu.AOEのコラボレーションをお楽しみいただけたら幸いです。

 

また7月14日からはスウェーデン在住の北欧アート作家、MiriKulo:rer氏の日本初個展を予定しています。

MiriKulo:rer氏は繊細でかつダイナミックな自然と動物の素晴らしい作品を生み出します。


その後もオートクチュール刺繍作家である吉岡利恵氏の展示会を予定しています。

吉岡利恵氏はパリに留学し本場のオートクチュール刺繍を学ばれています。
また秋にはベルリンが繋いでくれた、ベルギー王立美術館解説者 森耕治氏、ハンブルグ在住の写真家Tainaka Jumpei氏とKatsu.AOEのコラボレーションも開催予定です。

 

そしてギャラリーの看板も書家の永山玳潤氏に依頼しています。ギャラリー内にあるカフェでは陶芸作家の西本奈穂氏のカップなどを使わせて頂く予定です。そういったところもぜひ楽しみにお越しいただけたら幸いです。

「おひとりでも仲間ともでも、カプチーノを飲みながら、ゆったりとした時間の中で作品を楽しむ空間」がコンセプトです。

もちろんご購入は大歓迎です(笑)

 

 

4.今回、ArtMACHI Museumでは、どんな作品が展示される予定でしょうか?

 

抽象と具象の融合作品です。

小作品を中心に、見る方の心の変化で見え方が変わる作品を予定しています。

 

 

5.ArtMACHI Museumに来られるお客様に一言お願いいたします。

 

今回は前回の個展風の展示会とは違って、露店のように気軽に覗いていただける展示会にしたいと思っています。

お気に入りを見つけて手に取って見てくださいね。


コメント
コメントする