2018.03.28 Wednesday

[ArtMACHI Museum]参加者 キンピラと月さん

【キンピラと月】21日のみ



『キンピラと月』は、
気まぐれ絵描き「MiQui(ミキ)」と
アクセサリー作家「スミレの月」の
出展ユニットです。

それぞれの持ち味を活かして作品を作成。
季節に合わせた柔らかな風合いのものやクスッと笑ってしまうようなものがご覧いただけます。

内容:ビーズアクセサリー(ブローチ、ネックレス)や木製のような粘土のどうぶつなどのブローチ、アクリル・クレパス画、ポストカードなど。
作家HP: http://ameblo.jp/kinpira-to-tsuki
スミレの月http://ameblo.jp/sumirenotsuki MiQui  http://ameblo.jp/miqui-qb
Twitter:@knpr_to_tsk
Facebook:キンピラと
instagram:@miqui.qb_portfolio
  ------------------------------------------------------------------
1.キンピラと月として活動を始めたきっかけを教えてください。

全く別の作品を作る二人ですが、感覚が似ていることから数年前に二人でイベント出展したことがきっかけで活動を始めました。
笑いが絶えず、お互いの創作意欲を高め合えることから「これからも二人で出展したいですね♪」と、
イベント帰りに今後の打ち合わせとユニット名を決めた。笑
「キンピラと月」は、邦画のタイトルの様で一度聞いたら忘れないかも!と、つけました。


2.二人組のユニットとの事ですが、作品はどのように制作されているのですか?
それぞれ役割分担などがあるのでしょうか?

ほとんどの作品はそれぞれのものですが、色やテーマなどを共通にして統一感を出しています。
数は少ないですが共同制作の作品は、絵をMiQui(ミキ)が、装飾をスミレの月が担当しています。


3.ユニットならではの見どころや、作品のコンセプトがあれば教えてください。

一粒で二度おいしい!が、ユニットならではのみどころです。
柔らかな色合い、可愛らしいアイテムの中にも時々かいまみえる
「シュール」加減を大切にしています。


4. 二人で今後作ってみたい作品や、挑戦したい事はありますか?

二人の作品の特性を活かして、ストーリーと絡めた作品展をしたいです。


5.今回どのような作品が並ぶ予定でしょうか?

これまでの素材の作品と一緒に、新しく取り入れた素材の作品も準備中です。
柔らかい春の雰囲気をまとう作品をいくつか出品できたらと思っています。
おたのしみに!


6.お客様へ一言メッセージをお願いいたします。

いつも楽しみにしてくださっている方にも、
そして初めましての方にもユニット「キンピラと月」の
二人ならではの空気感を楽しんでいただけると嬉しいです。


コメント
コメントする